《グローアップ・ブルーム/Glow-Up Bloom》

チューナー・効果モンスター
星1/闇属性/アンデット族/攻   0/守   0
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが墓地へ送られた場合、墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキからレベル5以上のアンデット族モンスター1体を手札に加える。
フィールドゾーンに「アンデットワールド」が存在する場合、
手札に加えず特殊召喚する事もできる。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はアンデット族モンスターしか特殊召喚できない。

 ストラクチャーデッキR−アンデットワールド−で登場した闇属性アンデット族下級モンスターチューナー
 墓地へ送られた場合に自身を除外してレベル5以上のアンデット族サーチを行い、《アンデットワールド》が存在する場合にはそのアンデット族手札に加えずに特殊召喚できる誘発効果を持つ。

 「場合の任意効果」であるため、墓地に送られさえすればシンクロ素材として等であってもタイミングを逃すことなく効果発動することができる。
 手札デッキから直接墓地に送ってもよい。

 《アンデットワールド》がない場合はサーチしかできず、レベル5以上指定であるため手札誘発チューナーなどの下級モンスターサーチすることはできない。
 とは言え、上級モンスターにも《ヴァンパイア・フロイライン》《邪神機−獄炎》といった特殊召喚召喚しやすいモンスターがいる。
 最悪手札からの展開手段がなくとも、《ゾンビ・マスター》などの手札コストにしてから蘇生に繋げてもいい。

 一方で《アンデットワールド》があればリクルートもでき、高打点や状況に即したモンスターをチョイスできる。
 ただし、範囲内のモンスターには特殊召喚モンスター儀式モンスターや、「特殊召喚」ではなく「召喚」でなければ効果発動できないモンスターもいるのでサーチするかどうかはうまく選択したい。

 効果発動後の特殊召喚に関するデメリットは、アンデット族で構築を固める以外にも相手ターンに発動させて軽減を図る手もある。
 レベル1なので相手ターン《リンクリボー》自己再生コストにできる他、《不知火流 燕の太刀》コストにしながら戦線の維持といった動きも可能。

関連カード

―類似効果

―《グローアップ・ブルーム》の姿が見られるカード

通常召喚不可能なレベル5以上のアンデット族モンスター

 ※通常召喚可能なモンスター《アンデットワールド》を参照。
 ただし《砂塵の悪霊》特殊召喚できないためサーチのみが可能。

収録パック等

FAQ

Q:モンスターゾーン《ライオウ》表側表示で存在し、そのモンスター効果適用されている場合、このカードの(1)の効果発動できますか?
A:《ライオウ》モンスター効果適用されている場合、ドロー以外の方法でデッキからカードを手札に加える事ができない状態となりますので、
  フィールドゾーン《アンデットワールド》表側表示で存在していない場合には、このカードの(1)の効果発動する事はできません。
  なお、フィールドゾーン《アンデットワールド》が存在している場合には(1)の効果発動でき、レベル5以上のアンデット族モンスター特殊召喚できます。(18/09/24)


Tag: 《グローアップ・ブルーム》 モンスター チューナーモンスター 効果モンスター 星1 闇属性 アンデット族 攻0 守0

広告