《コズミック・ブレイザー・ドラゴン》

シンクロ・効果モンスター
星12/風属性/ドラゴン族/攻4000/守4000
Sモンスターのチューナー+チューナー以外のSモンスター2体以上
このカードはS召喚でしか特殊召喚できない。
(1):フィールドのこのカードをエンドフェイズまで除外して
以下の効果から1つを選択して発動できる。
●相手が魔法・罠・モンスターの効果を発動した時に発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
●相手がモンスターを召喚・反転召喚・特殊召喚する際に発動できる。
それを無効にし、そのモンスターを破壊する。
●相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
その攻撃を無効にし、その後バトルフェイズを終了する。

 20th ANNIVERSARY PACK 2nd WAVEで登場した風属性ドラゴン族シンクロモンスター
 自身を除外して、効果の発動無効化・召喚行為の無効化・攻撃無効化及びバトルフェイズの終了のいずれかを行う誘発即時効果を持つ。

 シンクロ素材《シューティング・クェーサー・ドラゴン》と全く同じなので、シンクロ召喚の方法はそちらを参照。

 こちらは、《シューティング・クェーサー・ドラゴン》同様のカウンター能力に加え、召喚行為の無効化とバトルフェイズの終了も行う事ができる。
 召喚行為の無効化があるおかげで、あちらにとっての天敵である《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》にもある程度対応できる。
 効果発動条件により、1体で複数を同時に見ることはできないが、相手に与えるプレッシャーはかなり大きい。

 難点は、どの効果発動するにしても、一時的にフィールドを離れる事。
 1度しか対応できないのは《シューティング・クェーサー・ドラゴン》と同じだが、こちらはフィールドを離れる関係で戦闘面での戦力が弱まり、相手攻撃の余地を与えてしまう。
 さらに、あちらは除去されれば《シューティング・スター・ドラゴン》を出す事ができるので、エクストラデッキの圧迫に目を瞑ればとしての性能も十分。
 だが、見方を変えれば、除外された相手カードに干渉するカードの少なさから、《シューティング・クェーサー・ドラゴン》よりも除去されにくいともとれる。
 効果を使ったこのカードエンドフェイズに戻ってくるので、他に攻撃を止める術を用意しておけば、次のターン以降もプレッシャーを与え続けられる。

 《シューティング・クェーサー・ドラゴン》連続攻撃の能力もあって攻撃的だが、こちらは戦闘面に関してはステータスが高いだけである。
 逆に、ほぼあらゆる相手の行動を封じられるその性質から、どちらかといえば相手ターンに備える守りの側面が強い。
 どちらも一長一短なので、好みや戦術・周りの環境に合わせて、適切な方を使っていきたい。

  • 原作・アニメにおいて―
    アニメ5D'sにおいて、Z-ONEがいた歴史で遊星が使用したと記録に残されていたデルタアクセルシンクロモンスター
    作中でその存在が直接語られたわけではなく、第149話のZ-ONEの回想で彼が見ていたモニターに細かい文字で上記の判明点が書かれていただけである。
    ダークシグナーや地縛神等の画像を背景に記載されていたことに加え、すぐに別の視点に切り替わっているので、録画機能などを使わなければ視聴時に確認するのは容易ではない。
    公式ホームページや書籍関連などでも一切触れられていないので殆ど裏設定の領域である。
    Z-ONEが歴史に介入した本編の時間軸では、遊星はこの上をいくリミットオーバーアクセルシンクロにたどり着いたため、このカードは登場していない。

関連カード

―同じシンクロ素材を持つシンクロモンスター《TG ハルバード・キャノン》を参照。

収録パック等


Tag: 《コズミック・ブレイザー・ドラゴン》 モンスター シンクロモンスター 効果モンスター 星12 風属性 ドラゴン族 攻4000 守4000 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告