《サイバー・エンジェル−弁天(べんてん)−/Cyber Angel Benten》

儀式・効果モンスター
星6/光属性/天使族/攻1800/守1500
「機械天使の儀式」により降臨。
(1):このカードが戦闘でモンスターを破壊し墓地へ送った場合に発動する。
そのモンスターの元々の守備力分のダメージを相手に与える。
(2):このカードがリリースされた場合に発動できる。
デッキから天使族・光属性モンスター1体を手札に加える。

 コレクターズパック−閃光の決闘者編−で登場した光属性天使族儀式モンスター
 モンスター戦闘破壊墓地へ送った場合にバーンを行う誘発効果リリースされた場合に光属性天使族モンスター1体をサーチする誘発効果を持つ。

 (1)は戦闘破壊トリガーとする効果だが、儀式召喚する割に攻撃力が低く、そのままでは戦闘破壊しづらい。
 《サイバー・エンジェル−韋駄天−》リリースして儀式召喚を行い、強化しておきたい。
 また守備力を参照するが、一般的に攻撃力よりも守備力の方が低いモンスターが採用されやすい都合上、戦闘破壊に成功してもダメージ量には期待できない場合も多い。
 他のサイバー・エンジェルは確実にカード・アドバンテージを得る効果を持っているので、相手ライフを削りきれる状況以外ではそれらの方を儀式召喚したい。

 よって、このカードは(2)の効果のために他の儀式モンスター儀式召喚などのリリースに使用することになるだろう。
 サーチする光属性天使族モンスターは他の光属性儀式モンスターの補助にもなる《オネスト》が有力。
 サイバー・エンジェルではこのカードレベルが同じ《サイバー・エンジェル−韋駄天−》とセットで運用して、状況を見て儀式召喚する方を選び、両者を使い分けるといいだろう。
 サイバー・エンジェルを使わないデッキでも、この効果のみを目当てに儀式モンスターを活用するデッキでは相応の活躍が見込める。
 《輝神鳥ヴェーヌ》リリースとした場合、《アーティファクト−ロンギヌス》サーチ除外の牽制とモンスター効果トリガー確保をしつつ、墓地のこのカードサルベージする事も可能。
 ただしその場合は《機械天使の儀式》による破壊身代わりが使用できなくなる点には注意。

  • 「弁天」は、弁財天ともいわれる日本の神様の一柱。
    七福神の紅一点であり、財宝・金運の担当として知られる。
    ただし、神仏習合によって神になったのであり、他のサイバー・エンジェルの命名を考えると仏教の仏の側面としての弁天が由来と思われる。
  • アニメでは(2)の効果は存在しなかった。
    OCG化に際し、イラストは背景を中心に僅かに描き直されている。
  • コナミのゲーム作品において―
    タッグフォースシリーズではからOCGに先駆けてオリジナルカードとして収録されている。
    効果はアニメ版と同じである。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《サイバー・エンジェル−弁天−》 モンスター 儀式モンスター 効果モンスター 星6 光属性 天使族 攻1800 守1500 サイバー・エンジェル

広告