《サイバー・オーガ・2/Cyber Ogre 2》

融合・効果モンスター
星7/地属性/機械族/攻2600/守1900
「サイバー・オーガ」+「サイバー・オーガ」
このカードの融合召喚は、上記のカードでしか行えない。
このカードが攻撃を行う時、攻撃対象モンスターの
攻撃力の半分の数値だけこのカードの攻撃力をアップする。

 CYBERDARK IMPACTで登場した地属性機械族融合モンスター
 《サイバー・オーガ》2体を融合素材とし、ダメージ計算時適用される攻撃力アップの永続効果を持つ。

 《メタル化・魔法反射装甲》の後半の効果と同じ、攻撃力上昇効果が特長。
 永続効果であるため《オネスト》を使用されても攻撃力2600以下のモンスターからは返り討ちにされず、自分ターン攻撃に関してはまず負けない。
 機械族なので《リミッター解除》と組み合わせることもでき、他のカードの干渉が無い状態で攻撃表示モンスターへの攻撃時に使えば5200の戦闘ダメージが入る。
 相手攻撃される場合は攻撃力は上がらないが、《くず鉄のかかし》などで守ってやれば返しのターンに反撃が行えるだろう。

 もっとも、単体での戦闘ダメージとしてはそれほど大きいものは望めず他の効果もないため、上級モンスター同士の融合モンスターとしてはやや威力に欠ける。
 融合素材となる《サイバー・オーガ》も、《融合準備》サーチこそ可能だが完全にコンボ用のモンスターで単体では扱えない。
 おまけに《サイバー・オーガ》自身の効果を使ってしまうと墓地に送られてしまい、融合が阻害されてしまうので効果のミスマッチが甚だしい。
 《サイバー・オーガ》を使うならば、素直に《ダブル・アップ・チャンス》とのコンボを狙った方が安定性も爆発力も高いというのが実情である。

 一方で、《融合準備》《E・HERO プリズマー》といったサポートカードの存在から、融合する気がなくとも《サイバー・オーガ》を使用するならばこのカードはほぼ必須となる。
 その延長線上にあくまでひとつの選択肢として《融合準備》で回収もできる《融合》を投入し、このカード融合を狙えるようにすることは可能だろう。
 融合召喚にしか制約がないので正規融合していれば蘇生でき、《融合呪印生物−地》による特殊召喚も可能である。

  • カード名の「2」は「ツー」と読む(ルビが振られていないアラビア数字は、No.に属するものを除き英語読みするのが通例である)。
  • アニメでは攻撃される時にも攻撃力がアップしたため、OCG化に際して弱体化している。
    また、イラストは背景が渦になっておらず、下部の白い何かも確認できない。

関連カード

融合素材

収録パック等

FAQ

Q:攻撃力上昇は、何に分類される効果ですか?
A:永続効果チェーンブロックを作らない)です。ダメージ計算時のみ、攻撃力が上昇します。

Q:《融合呪印生物−地》での融合召喚は可能ですか?
A:融合素材には使用できませんが、カードの効果特殊召喚することは可能です。


Tag: 《サイバー・オーガ・2》 融合モンスター 効果モンスター モンスター 星7 地属性 機械族 攻2600 守1900

広告