《サイバー・ファロス》

効果モンスター
星1/光属性/機械族/攻   0/守2100
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードは自分フィールドの機械族モンスター1体をリリースして手札から特殊召喚できる。
(2):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
自分の手札・フィールドから、機械族の融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
(3):自分の融合モンスターが戦闘で破壊された時、墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「パワー・ボンド」1枚を手札に加える。

 デュエリストパック−レジェンドデュエリスト編3−で登場する光属性機械族下級モンスター
 自身を手札から特殊召喚できる効果融合召喚を行える効果墓地の自身を除外して《パワー・ボンド》サーチする効果を持つ。

 (1)は機械族リリースして自身を特殊召喚する効果
 このカード自身は下級モンスターのため特殊召喚手段は多く、他の効果発動や、デメリット等の踏み倒しを目的としてリリースすることになる。
 《サイバー・ドラゴン・ヘルツ》リリースすれば《サイバー・ドラゴン》サーチまたはサルベージできるためディスアドバンテージを抑えられ、融合素材を揃えやすくなる。

 (2)は機械族融合召喚を行う効果
 自身を融合素材にできる組み合わせは多いとは言えないが、自身を含まずとも機械族全般に活用はできる。
 自身を含まない場合、攻撃力0が棒立ちとなるのを回避するために、(1)で表側守備表示で出す等工夫したい。

 (3)は《パワー・ボンド》サーチ効果
 発動には自分融合モンスター戦闘破壊され、このカード墓地に存在する必要がある。
 基本的に(2)の効果で自身を融合素材として融合モンスター特殊召喚し、戦闘破壊されるのを待つ必要がある。
 自爆特攻であれば能動的に発動を狙え、特に《重装機甲 パンツァードラゴン》であれば1枚の除去もできる。
 他にも《キメラテック・ランページ・ドラゴン》であれば、このカードデッキから墓地へ送って準備を整える事ができる。
 この時《超電磁タートル》も一緒に墓地へ送れば、戦闘破壊でこちらの効果を使った後の追撃をかわす事ができる。
 また融合モンスター全般が条件の対象なので、意外と適用の幅は広い。
 少ない素材数で特殊召喚した《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》や、《簡易融合》で出した融合モンスター蘇生した場合などで発動する機会もあるかもしれない。

 しかし、自爆特攻するとメインフェイズ2にしか《パワー・ボンド》を使えず、次のターンまで待つ必要がある。
 また、墓地のこのカードが存在する状況は相手には筒抜けであり、何の備えもなしに融合モンスター戦闘破壊する可能性は低い。

  • 灯台のような形をしたイラストを見るに、カード名の「ファロス」とはラテン語で「灯台」を意味する「Pharos」の事だろう。
    ファロス島にあった「アレクサンドリアの大灯台」に由来する。
    なお、サイバー・ドラゴン関連のカードでは度々ドイツ語が使用されるが、ドイツ語の灯台はファロスとは関係ない単語になっている。

関連カード

このカード融合素材融合召喚できる機械族融合モンスター

光属性指定

機械族指定

収録パック等


Tag: 《サイバー・ファロス》 モンスター 効果モンスター 星1 光属性 機械族 攻0 守2100

広告