《サイバース・ウィザード》

効果モンスター
星4/光属性/サイバース族/攻1800/守 800
(1):1ターンに1度、相手フィールドの攻撃表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示にする。
この効果で守備表示にしたターン、自分のモンスターは対象のモンスターしか攻撃できず、
自分のサイバース族モンスターが対象の守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備力を攻撃力が超えた分だけ相手に戦闘ダメージを与える。

 CODE OF THE DUELISTで登場する光属性サイバース族下級モンスター
 相手攻撃表示モンスター守備表示に変更させ、発動ターン自分モンスター攻撃制限と自分サイバース族貫通適用させる効果を持つ。

 自身もサイバース族なので、単体で使えば攻撃力1800の表示形式変更と貫通効果を持つモンスターとして使える。
 しかし、発動ターン対象モンスターしか攻撃できなくなる誓約が厄介であり、普通の使い方ではそのモンスター1体にしか攻撃できないデメリットとなる。
 この効果を活かすのならば対象にしたモンスター戦闘破壊耐性を付与し、自分サイバース族サンドバッグにするのが良いだろう。

  • 「ウィザード」とは男性の魔法使いを指す英語である。
    だが、サイバース族にコンピュータ関連の用語をモチーフとするモンスターが多いことを踏まえると、対話型ソフトウェアのウィザード、もしくはハッカーの俗語のウィザードがモチーフと思われる。

収録パック等


Tag: 《サイバース・ウィザード》 モンスター 効果モンスター 星4 光属性 サイバース族 攻1800 守800

広告