《サイファー・スカウター/Cipher Soldier》

効果モンスター
星3/地属性/機械族/攻1350/守1800
このカードが戦士族モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に発動する。
このカードの攻撃力・守備力は、そのダメージ計算時のみ2000ポイントアップする。

 遊戯王真デュエルモンスターズII 継承されし記憶 付属カードで登場した地属性機械族下級モンスター
 戦士族モンスター戦闘を行うダメージ計算時攻撃力守備力自己強化する誘発効果を持つ。

 強化値が2000と非常に高く、戦士族モンスター戦闘する際は攻撃力3350・守備力3800という最上級モンスター以上のステータスになる。
 戦士族モンスターとの戦闘ではほぼ負けることが無いため、HERO六武衆をはじめとした【戦士族】に対しては非常に有効なメタカードとして働く。
 「セット→次のターン戦士族モンスター攻撃されリバース→次のターン表示形式を変更してそれを攻撃する」という流れが理想的。
 このようにすれば《神の警告》等で止められないうえ、2000〜3000もの戦闘ダメージを期待できる。

 通常時のステータスでも役としては申し分なく、《巨大ネズミ》からリクルートできるのも強み。
 《次元幽閉》などには引っかかってしまうが、《奈落の落とし穴》に引っかからず、《月の書》《強制脱出装置》を受けてもそれほど痛くない。
 ただし戦士族エクシーズ召喚を行うことが増えているため、戦士族統一デッキに対しても無敵とは言えなくなりつつある。
 特に《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》には効果発動すらできずに戦闘で敗れてしまう。
 それ以外には大抵勝てるので、《強制脱出装置》等を温存しておくのがいいだろう。

 ダメージ計算時誘発効果かつ強制効果であることも強み。
 強制効果なので一部の例外を除けば最後に処理することになるため、攻撃力を参照される場合強化前の数値を参照され、攻撃力を下げられた場合でも攻撃力2000以上になるので致命的なダメージは受けにくい。
 このカードによる変動後に処理を行えるのは、永続効果相手から攻撃された場合の相手の強制の誘発効果程度。
 2000未満の攻撃力を持つ戦士族モンスター相手なら、戦闘時に《オネスト》を使われてもこちらが勝てる。
 こちらから攻撃する場合に限るが、《眠れる巨人ズシン》戦闘破壊できる。
 逆に、強制効果かつタイミング固定の性質上、無効化には弱い。

 戦士族以外のモンスターに対しては威力を発揮しないので、基本的にはサイドデッキ向けのカードと言える。
 他に戦士族メタとして実戦級のモンスターカードには、《パペット・プラント》がある。
 あちらは戦士族モンスターコントロール奪取できる反面、エンドフェイズまでに奪ったモンスターを処理しなければならない。
 種族の違いもあり、どちらを採用するかはメインデッキ次第といえるだろう。

 《DNA改造手術》コンボすれば、その効果もより活きてくる。
 効果発動した《お注射天使リリー》攻撃力には劣るが、常時攻撃力3350・守備力3800の状態で戦闘ができ、《収縮》にも強い。
 《平和の使者》等のロックカードと組み合わせる事によって、より驚異的なアタッカーと化す。

  • 日本名は直訳すれば「暗号文の偵察者」だが、かつての英語名は「活動力のある兵士」になる。
  • コナミのゲーム作品において―
    ゲームでは、真DM2が初出となる。
    このゲームの付属としてこのカードが登場しているため、オリジナルカードとは言い難い。
    だが、このゲームでは効果などはそのままで攻撃力が1000高く、レベル3で攻撃力2350の恐ろしいモンスターである。
    そのため、通常は入手できず、ラスボスのみが使用してくる。
    一応、コントロール奪取したり、ディスティニードローしたりする事でプレイヤーも使用可能になる。
    似たような立場のカード《リーフ・フェアリー》がいるが、あちらはOCG化の際に大幅な修正が成された。
    攻撃方法はスナイパーライフルで敵をロックオンして狙い撃つというもので、似たような《戦士抹殺》とは何か関係があるのかもしれない。
    ちなみに、データ上はデッキリーダー時のセリフが設定されている。
    「金は例の口座に振り込んでくれ…。」などの台詞からすると、恐らく「ゴルゴ13」がモデルだろう。
    攻撃力が1350なのもそこからきているのかもしれない。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《サイファー・スカウター》 効果モンスター モンスター 星3 地属性 機械族 攻1350 守1800 サイファー

広告