《ジャッジ・マン/Judge Man》

通常モンスター
星6/地属性/戦士族/攻2200/守1500
勝ち負けのない勝負が嫌いな戦士。
こん棒の攻撃は強いぞ!

 EXで登場した地属性戦士族上級モンスター

 レベル6・戦士族通常モンスターはこれと《復讐のソード・ストーカー》の2種しか存在せず、それぞれ属性を異にする。
 また、こちらの方が攻撃力は優っているのに対し守備力は劣っており、この違いから《黒き森のウィッチ》サーチ可能だが《影のデッキ破壊ウイルス》破壊されてしまう。

 戦士族モンスターを主軸とし通常モンスターサポートカードを使うデッキであれば、投入してみるのも良いだろう。
 地属性戦士族通常モンスターには《チューン・ウォリアー》もおり、サポートを共有できる。
 《思い出のブランコ》特殊召喚し、《フォトン・ストリーク・バウンサー》等のエクシーズ素材《ターレット・ウォリアー》リリースとして使うこともできる。
 地属性なので《チューン・ウォリアー》《X−セイバー アナペレラ》等と共に《ジェム・マーチャント》による強化も可能。

  • 遊戯王OCGの前身であるバンダイ版遊戯王でも第1弾から登場している。
    ステータス7・白魔族・攻撃力1800・守備力2600で、OCG版とは異なり全身が描かれたイラストとなっている。
    また、テキストには、「死後の善悪を裁く天の門番。」とある。
  • 何故かテキストやゲーム作品によって扱いが違い、天の門番であったり魔界の裁判官であったりと、立ち位置がはっきりしないどころか真逆の存在になっている。
    ただしどの記述でも、正義感が強いと言う設定だけは変わっていない。
  • 「ジャッジマン」は日本語では「裁判官」だが、大岡の職業は弁護士であるため微妙な差異がある。
    アニメでは城之内を証言台に立たせるなど、デュエル場を法廷風にした。
  • アニメGXでは第1話から第33話で使用されたEDの映像の中に確認できる。
  • 漫画GXの「十代vsマッケンジー」戦でマッケンジーが使用した通常罠《ヘブンズ・ジャッジメント》のイラストに描かれている。
  • アニメVRAINS第66話の遊作達が見ていたネット掲示板のハンドルネームの1つに「サイレント・ジャッジ・マン LV12」という名前が確認できる。
  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINALでは初期はいくつかのデッキに投入されていたが、カードプールの増加につれて消えてゆき、現在では「はじめて」モードのデッキアドバンス召喚の実践として使うのみになった。
    第13弾からのデモ画面にも登場するが、手札にあるだけで最後まで使用されない。
    DUEL TERMINALカードプールを継承している最強カードバトル!でも、再びアドバンス召喚のレクチャーとして使用されている。

関連カード

―《ジャッジ・マン》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《ジャッジ・マン》 通常モンスター モンスター 星6 地属性 戦士族 攻2200 守1500

広告