《ジュラゲド/Juragedo》

効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻1700/守1300
「ジュラゲド」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分または相手ターンのバトルステップに発動できる。
このカードを手札から特殊召喚し、自分は1000LP回復する。
(2):このカードをリリースし、
自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
その表側表示モンスターの攻撃力を次のターンの終了時まで1000アップする。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 デュエリストパック−決闘都市編−で登場した闇属性悪魔族下級モンスター
 バトルステップに自身を特殊召喚してライフ回復する誘発即時効果、自身をリリースしてモンスター1体を強化する誘発即時効果を持つ。

 自分バトルステップ特殊召喚して攻撃し、攻撃した後にリリースして他のモンスター強化することでダメージ増加を狙える。
 直接攻撃ならば合計2700のダメージの上乗せとなる。
 相手バトルステップ特殊召喚する場合、攻撃宣言時では巻き戻しが発生するためコンバットトリックにはならないが、攻撃の牽制には使える。
 また、相手の全てのモンスター攻撃を終えた後に特殊召喚すれば、このカードフィールドに維持でき、次のターンに各種素材やコストに使える。

 回復を活かして、アロマトリガーとすることもできる。
 《アロマージ−ローズマリー》を併用すれば、相手モンスター守備表示にして攻撃を封じるといった動きができる。
 《ワンダー・エクシーズ》《緊急同調》と組み合わせ、相手ターン《励輝士 ヴェルズビュート》《ブラック・ローズ・ドラゴン》特殊召喚するのも面白い。

 レベルモンスターとしてはステータスも悪くなく比較的汎用性が高い効果を持っているため、様々なデッキで採用を検討できる。
 単純にランク4を主軸としたデッキは勿論、自分カード効果ダメージを受ける機会の多い【DD】【クラウンブレード】でも活躍が期待できるだろう。

  • 原作・アニメでは通常モンスターであった。
    アニメでは「両手に大きなカギ爪を持つ不気味な存在。不用意に目を合わせるとどこまでも追ってくるので注意が必要。」というフレイバー・テキストが確認できる。
    また、イラストは異なっている。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:相手フィールドの全てのモンスター攻撃を終えた後に、 (1)の効果発動できますか?
A:はい。ダメージステップの後は再びバトルステップに戻るため、(1)の効果発動して特殊召喚できます。(15/12/13)


Tag: 《ジュラゲド》 モンスター 効果モンスター 星4 闇属性 悪魔族 攻1700 守1300

広告