《スカルライダー/Dokurorider》

儀式モンスター
星6/闇属性/アンデット族/攻1900/守1850
「スカルライダーの復活」により降臨。
場か手札から、星の数が合計6個以上になるよう
カードを生け贄に捧げなければならない。

 ※テキスト中の「生け贄」は「リリース」を指す。

 ザ・ヴァリュアブル・ブック 付属カードで登場した闇属性アンデット族儀式モンスター
 OCGに登場した初の儀式モンスターである。

 効果も持たず下級モンスター並のステータスであるため、他の儀式モンスターより優先させる理由が見出しづらい。
 一応儀式召喚後は《馬頭鬼》等で蘇生でき、これや《ゴブリンゾンビ》リリースする事でディスアドバンテージを軽減できる。
 それでも複数のカードを要求する事は確かなので《儀式の準備》に対応する点を考慮しても安定性が低く、これに見合う爆発力もない。
 一応、同じアンデット族《死王リッチーロード》ならリリースしても手札に戻るので、《儀式の準備》との併用で繰り返し儀式召喚でき、エクシーズ召喚も狙えないこともない。
 が、リチュアのように儀式召喚アドバンテージに結びついているわけでもなく、蘇生ですら優先度が下がるので戦術の核とはなりえない。

 儀式魔人を使う場合に効果適用させやすいレベルであるものの、これらの効果は居座る事を前提としたものが多く、アタッカーと相打ちしてしまう恐れがあるこの攻撃力では扱いにくい。
 まったく使えないことはないが、明確なメリットを持たないため、ファンデッキであっても扱いづらいカードである点は否めない。

  • 「初回限定版の付録」と書かれているが、初版でなくても付いてくる。
  • 元ネタは《スカル・フレイム》と同く、アメリカンコミックヒーロー「ゴーストライダー」だと思われる。
    プロテクターの形状から、「仮面ライダー」およびこれの原型となった「スカルマン」をモチーフとしている可能性もある。
    真DMシリーズで昆虫族モンスター生け贄とする点からも、この事はうかがえる。
  • 英語名は何故か「ドクロライダー」となっている。
  • コザッキー曰く、《スカルライダー》は「伝説の爆走王」らしい。
    攻撃時はかなり力の入った演出がされている。
    その際の攻撃名は、「暴走上等 参連悪辰苦(アタック)!」

関連カード

収録パック等


Tag: 《スカルライダー》 儀式モンスター モンスター 星6 闇属性 アンデット族 攻1900 守1850

広告