《スクラップ・フィスト/Scrap Fist》

速攻魔法
(1):自分フィールドの「ジャンク・ウォリアー」1体を対象として発動できる。
このターン、その自分のモンスターが相手モンスターと戦闘を行う場合、
以下の効果を適用する。
●相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。
●対象のモンスターが守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備力を攻撃力が超えた分だけ相手に戦闘ダメージを与える。
●相手が受ける戦闘ダメージは倍になる。
●対象のモンスターは戦闘では破壊されない。
●戦闘を行った相手モンスターはダメージステップ終了時に破壊される。

 ストラクチャーデッキ−シンクロン・エクストリーム−で登場した速攻魔法
 発動ターン相手モンスターとの戦闘時のみ、《ジャンク・ウォリアー》に5つの効果を付与する効果を持つ。

 《ジャンク・ウォリアー》は自身の効果攻撃力を上昇できるため、3つ目の戦闘ダメージ倍加効果と合わせるとかなりの戦闘ダメージを見込める。
 戦闘時に手札から墓地へ送ることで攻撃力を倍加させる《ラッシュ・ウォリアー》との相性は抜群であり、自身の強化がない状態でも攻守600以下とのモンスターならば1ターンキルとなる。
 《シンクロン・キャリアー》《ドッペル・ウォリアー》《ミニマム・ガッツ》《アームズ・エイド》等と組み合わせるとその範囲は飛躍的に広がるため容易に1ターンキルが狙える。
 相手モンスター除去する効果戦闘破壊耐性もあるため、相手攻撃に対して使えばにもなる。
 《ジャンク・ウォリアー》の維持と攻撃力上昇に特化した【ジャンク・ウォリアー】では、文字通りの必殺技としての働きが期待できる。

 ただし、自身がサーチしにくい速攻魔法であり、肝心の《ジャンク・ウォリアー》自体は出しやすいと言えど耐性を持っていないため除去には弱い。
 《強制脱出装置》などのフリーチェーンカードはこのカードの分まで損をすることになるので、伏せカードは極力除去してから発動を狙いたい。

  • アニメ5D'sの監督でもある小野勝巳氏が監督を務めたアニメ「戦姫絶唱シンフォギアG」では、登場人物がこのポーズをするシーンがある。
    放送前の同氏のtwitterでも「知らぬ間にスクラップ・フィスト描いてる」と発言しているため、恐らくパロディネタとして意図的に描かれたものだと思われる。

関連カード

戦闘ダメージを倍にする効果については戦闘ダメージを参照。

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:このカードの効果適用された《ジャンク・ウォリアー》《禁じられた聖槍》効果を受けた場合、どうなりますか?
A:発動を封じる効果戦闘ダメージが倍になる効果破壊効果適用されたままですが、貫通効果戦闘耐性効果適用されなくなります。(14/12/06)

Q:このカードの効果適用された《ジャンク・ウォリアー》《禁じられた聖槍》効果適用されている相手モンスター戦闘を行なう場合、どうなりますか?
A:発動を封じる効果貫通効果戦闘ダメージが倍になる効果戦闘耐性効果適用されますが、破壊効果適用されません。(14/12/06)

Q:このカードの効果適用された《ジャンク・ウォリアー》が同じターン相手コントロールが移り、そのターンにその《ジャンク・ウォリアー》自分モンスター戦闘を行う場合、このカードの効果適用されますか?
A:いいえ、適用されません。(14/12/06)

Q:効果解決時対象に選択した《ジャンク・ウォリアー》裏側表示なり、同じターン《ジャンク・ウォリアー》表側攻撃表示になって攻撃を行なう場合、このカードの効果適用されますか?
A:はい、適用されます。(14/12/06)


Tag: 《スクラップ・フィスト》 魔法 速攻魔法 スクラップ

広告