《スノーマン・クリエイター/Snowman Creator》

効果モンスター
星4/水属性/機械族/攻1600/守1000
このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。
自分フィールド上の水属性モンスターの数と同じ数だけ、
相手フィールド上に表側表示で存在するモンスターにアイスカウンターを置く。
この効果で置いた数が3つ以上の場合、
さらに相手フィールド上のカード1枚を選んで破壊できる。

 ABYSS RISINGで登場した水属性機械族下級モンスター
 召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時にアイスカウンター相手モンスターに置き、3つ以上置いた場合に破壊を行う誘発効果を持つ。

 召喚時以外にもアイスカウンター置けるため、タイミングを逃す点に注意していれば発動は比較的容易ではある。
 肝心の破壊効果を使うためには、自分フィールドに他の水属性モンスターが2体以上、相手モンスター表側表示で1体以上存在する必要がある。
 《黄泉ガエル》《フィッシュボーグ−ランチャー》等の蘇生も活用し、《ブリキンギョ》から出すのがよい。
 もしくはペンデュラム召喚水属性を展開するのも手か。
 カードの種類を問わない除去であるが、汎用性を犠牲にしているため噛み合っているとは言い難く、優位性を保つための除去としてもいまひとつ影響力に欠ける。

 ステータスの関係上、特殊召喚に対応する点を活かせるものは多くないが、相手ターンでの除去によって、罠カードの遅効性をカバーしつつモンスターを並べやすくする《リビングデッドの呼び声》とは高いシナジーが見込める。
 さらに《氷結界の虎王ドゥローレン》を組み合わせることで、《リビングデッドの呼び声》やこのカードバウンスして使いまわせ、あちらの相手ターンに低攻撃力を晒してしまう弱点もカバーできる。

 単体でもアイスカウンター1つは確保でき、また自身の効果では消費する事もないので、これを利用するデッキでは除去以外に転用でき、拡張的な動きが望める。
 破壊効果は、自身の効果によって乗せたアイスカウンターのみを計上するので、《スノー・ドラゴン》で補助する事はできず、あちらも水属性を消費するという前提条件から相性は良くない。
 《コールド・エンチャンター》の場合は自己強化がかかるため、同時に展開できれば戦闘破壊も狙え、返しのターンに低攻撃力を晒す点をエクシーズ召喚で補える。

 《アイス・ブリザード・マスター》特殊召喚できる状況では、単体除去が利用できる場合が多く、消費の割に恩恵は小さいが、魔法・罠カード除去しておけば攻撃を通しやすくなるため無駄にはならない。
 1ターンで揃えきるには骨が折れるものの、《スノーダスト・ドラゴン》特殊召喚補助としては役立つだろう。

 《ブリキンギョ》効果特殊召喚すればアイスカウンターを2つ以上乗せる事ができ、両者で《スノーダスト・ジャイアント》《ギアギガント X》エクシーズ召喚出来る。
 特に後者は自身の効果によって両者とも墓地から回収できるため、相性がいい。

 ただ、モンスターを複数展開する必要があるため、いずれの場合でも《激流葬》には注意が必要。
 《リビングデッドの呼び声》など永続カードを多用する【セルフ・バウンス】的構築で用いるならば、《ハーピィの羽根帚》対策も兼ね、《スターライト・ロード》の併用を考慮しても良いだろう。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:誘発効果になります。(12/08/08)

Q:自分の場にこのモンスターを含め2体、相手の場に3体のモンスターがいる場合、どう処理しますか?
A:「1体に2つ置く」「2体に1つずつ置く」のどちらかを行います。(12/07/23)

Q:ダメージステップ中にこのカード特殊召喚した時も発動できますか?
A:はい、発動できます。(12/07/23)

Q:アイスカウンターを置く効果破壊する効果は一連の効果処理ですか?
A:はい、一連の効果処理になります。(12/07/23)

Q:アイスカウンターを置く効果破壊する処理は同時に行う扱いですか?
A:いいえ、アイスカウンターを置いた後に破壊する処理を行うので同時に行う扱いではありません。(12/07/23)


Tag: 《スノーマン・クリエイター》 効果モンスター モンスター 星4 水属性 機械族 攻1600 守1000

広告