《スリーバーストショット・ドラゴン》

リンク・効果モンスター
リンク3/闇属性/ドラゴン族/攻2400
【リンクマーカー:上/左/下】
トークン以外のモンスター2体以上
(1):1ターンに1度、ダメージステップにモンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時に発動できる。
その発動を無効にする。
(2):このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。
(3):このカードをリリースし、自分の墓地のリンク2以下のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
その後、手札からレベル4以下のドラゴン族モンスター1体を特殊召喚できる。
この効果はこのカードが特殊召喚したターンには発動できない。

 EXTREME FORCEで登場した闇属性ドラゴン族リンクモンスター
 ダメージステップでの効果発動無効にする誘発即時効果貫通永続効果、自身をリリースする事でリンク2以下のリンクモンスター蘇生手札から下級ドラゴン族特殊召喚できる起動効果を持つ。

 (1)はダメージステップ発動無効にする効果
 他のモンスター攻撃する際にも発動でき、戦闘破壊対応リクルーターリバース時の効果ダメージステップコンバットトリックを封殺可能。
 1ターンに1度しか使えないため、マストカウンターの見極めが重要となる。

 (2)は貫通効果
 (1)の効果ダメージは通しやすい。
 リンク召喚から出せる貫通持ちなので、《アカシック・マジシャン》《トーチ・ゴーレム》リンク素材を揃えた後、《トーチ・ゴーレム》攻撃して処理しつつダメージを与えられる。

 (3)はリンク2以下の蘇生手札からの特殊召喚効果
 自身をリリースするが、墓地手札からの展開が可能となる。
 このモンスターを「リンク2のリンクモンスターモンスター1体」でリンク召喚していれば蘇生対象も用意できる。
 リンク2は左右にリンクマーカーを持つものが多く、エクストラモンスターゾーンを空けつつリンク先の確保にも役立つ。
 ただ、特殊召喚したターンには使えず、1ターン待たないと使えないのがネック。
 相手攻撃をしのぐ手段なども併用したい。
 蘇生からでも使えるため、相手エンドフェイズ蘇生させても良い。

 《ツイン・トライアングル・ドラゴン》とは相性が良く、あちらの効果でこのカードリンク召喚を行いつつ墓地リンク2を用意できる。
 更にあちらのリンク素材の関係上、(3)の効果特殊召喚できる下級ドラゴン族も用意しやすい点でもシナジーがある。
 《スニッフィング・ドラゴン》なら特殊召喚時に同名カードを確保できるため、《ツイン・トライアングル・ドラゴン》リンク素材としつつ、(3)の効果特殊召喚するためのモンスターを用意できる。

  • 名前の由来は「三点バースト」だろう。
    一度引き金を引くだけで三発の銃弾を発射する機能であり、弾薬の消費がおよそ3倍となる代わり威力・命中性能の向上が得られる。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《スリーバーストショット・ドラゴン》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク3 闇属性 ドラゴン族 攻2400

広告