《ゼータ・レティキュラント/Zeta Reticulant》

効果モンスター
星7/闇属性/天使族/攻2400/守2100
(1):このカードが墓地に存在し、相手フィールドのモンスターが除外される度に発動する。
自分フィールドに「イーバトークン」(悪魔族・闇・星2・攻/守500)1体を特殊召喚する。
(2):このカードは自分フィールドの「イーバトークン」1体をリリースし、手札から特殊召喚できる。

 アルティメットセブンパックで登場した闇属性天使族最上級モンスター
 墓地に存在する時にイーバトークン特殊召喚する誘発効果と、イーバトークンリリースして手札から特殊召喚できる召喚ルール効果を持つ。

 (1)のトークン生成能力がメインとなるため、墓地へ送ってこそ真価を発揮するモンスターである。
 まずは《おろかな埋葬》《終末の騎士》《ダーク・グレファー》《堕天使アスモディウス》等の効果で速やかに墓地に送りたい。
 複数枚が墓地に存在すれば1度の除外で複数体のイーバトークンを生成できるので、できれば2枚以上落としたい所。

 トークン生成効果を使うには、相手フィールド上のモンスター除外する必要がある。
 しかしこのカード墓地に置かないとならないため、《マクロコスモス》のような無差別除外は相性があまり良くない。
 以下の様なカードが使いやすいだろう。

 (2)の効果により、イーバトークンリリースして手札から特殊召喚し、アタッカーにもなるので複数枚投入しても事故にはなりにくい。
 トークン生成後に墓地からサルベージすればすぐに特殊召喚でき、シンクロ素材等に利用すればまた墓地へ置ける。

  • 元ネタは、宇宙人グレイの母星が「レティクル(Reticle)座ゼータ連星系」にあるという説だろう。
    宇宙人グレイと接触したと主張しているヒル夫妻は、宇宙船の中でグレイに見せられたとされる星図を公表した。
    これを見たアマチュア天文家の1人が「グレイはレティクル座ゼータ連星系から来たのではないか」という仮説を立て、この説が天文雑誌に掲載された事で大きな議論を巻き起こした。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:イーバトークン特殊召喚誘発効果、自身の特殊召喚は特定の効果分類に属さない効果(召喚ルール効果)です。(13/06/21)

Q:このカードが複数墓地に存在する時に相手フィールド上のモンスター除外された場合、それぞれどのようにチェーンを組みますか?
A:プレイヤーの任意の順番でそれぞれの《ゼータ・レティキュラント》をチェーンブロックに乗せて逆順処理を行います。(08/03/11)

Q:イーバトークン特殊召喚する効果発動チェーンして《D.D.クロウ》墓地のこのカード除外された場合、イーバトークン特殊召喚されますか?
A:効果処理時墓地に存在しない場合でもイーバトークン特殊召喚されます。(08/03/12)

Q:モンスターが同時に2体以上除外された場合はイーバトークンは何体特殊召喚されますか?
A:1体のみ特殊召喚されます。(08/03/06)

Q:同一チェーン上で《因果切断》を2枚発動し、モンスターが2体除外された場合はイーバトークンは何体特殊召喚されますか?
A:2体特殊召喚されます。(08/03/06)

Q:モンスタートークン除外された場合はイーバトークン特殊召喚する効果発動しますか?
A:モンスタートークン除外されると消滅するため、効果発動しません。(09/06/18)

Q:《死霊ゾーマ》除外された場合はイーバトークン特殊召喚する効果発動しますか?
A:発動しません。(10/08/11)

Q:魔法&罠カードゾーンに置かれているモンスター除外された場合はイーバトークン特殊召喚する効果発動しますか?
A:発動します。(10/08/11)

Q:相手フィールド上の《混沌の黒魔術師》自分フィールド上のこのカードが同時に破壊された場合、《混沌の黒魔術師》除外とこのカード墓地へ置かれるのが同時のとき、このカードの効果発動しますか?
A:発動しません。(10/08/13)


Tag: 《ゼータ・レティキュラント》 効果モンスター モンスター 星7 闇属性 天使族 攻2400 守2100

広告