《タスケナイト/Tasuke Knight》

効果モンスター
星4/光属性/戦士族/攻1700/守 100
このカードが墓地に存在し、自分の手札が0枚の場合、
相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚し、バトルフェイズを終了する。
「タスケナイト」の効果はデュエル中に1度しか使用できない。

 GALACTIC OVERLORDで登場した光属性戦士族下級モンスター
 手札が0枚で墓地に存在する場合、相手モンスター攻撃宣言時に自身を特殊召喚する事でバトルフェイズを終了する誘発効果を持つ。

 発動条件が厳しく、公開情報墓地発動するために奇襲性もない。
 同名カードも含めてモンスター効果が1度しか使えない事も考えると、単に防御カードとして考えるなら《攻撃の無力化》《和睦の使者》等を優先すべきだろう。
 類似効果《バトルフェーダー》と比較すると、直接攻撃以外にも対応していることが利点となる。
 また、特殊召喚できる防御用モンスターとしてはレベルが高いことを活かし、チューナーレベルモンスターを用意する事で、シンクロエクシーズ召喚に繋げられる。
 しかし手札が0枚の状態でフィールドに出るため、予めフィールド上に素材を準備しておくのが望ましい。
 光属性戦士族というのはエクシーズ素材として恵まれており、《セイクリッド・オメガ》《機甲忍者ブレード・ハート》《H−C エクスカリバー》等の強力なエクシーズモンスターの素材にできる。
 光属性戦士族を多く擁し、手札を0にしやすい【E・HEROビート】との相性はかなり良いと言えるだろう。

 同じ手札0枚の時に効果を発揮する《サイバーデーモン》との相性は良く、戦闘破壊を防ぎドローをサポートすると同時にエクシーズ素材として自壊を避けられる。
 《サイバーデーモン》を軸とする【ハンドレスエクゾ】では発動の機会を能動的に作ることができ、採用する余地がある。
 フィールド手札をがら空きにしてしまう上に、他の効果でのサポートができない《混沌帝龍 −終焉の使者−》のフォローにも有効で、いざというときには召喚条件コストにも使える。

 手札消費の激しい【フルバーン】において、として使うことも考えられる。

  • カード名から考えると「Hell Push(地獄の突き)」だけではなく、Help(助ける)とPushを合わせた造語も意味していると考えられる。
  • イラストやARビジョンでは長刀を背負っているのが確認できるが、攻撃効果使用時共に使われることは無かった。
    Dチーム・ゼアルでは攻撃時に使用している。
  • Dチーム・ゼアルの「遊馬vsロビン」「遊馬vs凌牙」(2戦目)「遊馬vs内藤剣斗」戦でも、遊馬が使用。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:誘発効果です。(13/06/15)

Q:このカード墓地から特殊召喚する効果解決時にこのカード墓地に存在しなくなり特殊召喚できなかった場合、バトルフェイズを終了させる効果適用されますか?
A:いいえ、適用されません。(12/02/18)

Q:このカードの効果発動チェーンして《異次元エスパー・スター・ロビン》効果チェーンして発動することはできますか?
  また、その逆の順番でチェーンを組むことはできますか?
A:どちらの場合でもチェーンを組んで発動できます。(13/06/16)


Tag: 《タスケナイト》 効果モンスター モンスター 星4 光属性 戦士族 攻1700 守100

広告