《ダークナイト(アット)イグニスター》

リンク・効果モンスター
リンク3/闇属性/サイバース族/攻2300
【リンクマーカー:左下/下/右下】
カード名が異なるモンスター3体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのリンク先にモンスターが特殊召喚された場合に発動できる(ダメージステップでも発動可能)。
自分の墓地からレベル4以下の「@イグニスター」モンスターを可能な限り
このカードのリンク先となる自分フィールドに効果を無効にして特殊召喚する。
(2):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。
自分の墓地からサイバース族モンスター1体を選んで特殊召喚する。

 IGNITION ASSAULTで登場する闇属性サイバース族リンクモンスター
 リンク先モンスター特殊召喚された場合にレベル4以下の@イグニスターを可能な限り蘇生する効果戦闘破壊した時にサイバース族蘇生する効果を持つ。

 (2)は戦闘破壊をした時にサイバース族蘇生する効果
 リンク素材サイバース族を使用していればそのまま蘇生して追撃でき、デメリットもないのでメインフェイズ2の素材にも転用しやすい。
 ただ自身の攻撃力はやや低めなので、《トランスコード・トーカー》《海亀壊獣ガメシエル》等のサポートはしておきたい。

  • リンク召喚時の口上は「暗影開闢!世界に散らばりし闇夜の英知!我が手に集い覇気覚醒の力となれ!リンク召喚!現れろ、リンク3!《ダークナイト@イグニスター》!」
    • 初登場時(vsクイーン戦)の口上は「暗影開闢!世界に散らばりし闇世の英知!踊れ!舞え!狂瀾怒濤にて我が手に集い覇気覚醒の力となり深淵の・・・限界突破!リンク召喚!現れろリンク3!《ダークナイト@イグニスター》!」。
      非常に長い口上であったため上記の「深淵の・・・」とまで言った所でロボッピから「長いっす!」とツッコミを入れられており、BGMも途中で崩れる演出になっていた。
      遊戯王シリーズで召喚口上に言及される事は《天刑王 ブラック・ハイランダー》《銀河眼の光波竜》などであったが、その内容をギャグに使ったのはこれが初めてである。
      内容を見ればわかるが、無駄に仰々しい言葉や言い回しを使っているだけなので、ツッコまれるのもやむ無しである。
  • アニメでのテキストは以下の通り。
    闇属性モンスターを含むサイバース族モンスター3体
    このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
    (1):このカードは同じ攻撃力のモンスターとの戦闘では破壊されない。
    (2):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した場合、
    自分の墓地の「@イグニスター」モンスター1体を対象として発動できる。
    そのモンスターをこのカードのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。
    (3):自分のリンクモンスターのリンク先となる自分フィールドにモンスターが特殊召喚された場合、
    自分フィールドのリンクモンスター1体を対象として発動できる。
    自分の墓地からレベル4以下の「@イグニスター」モンスターを対象のモンスターの
    リンク先となる自分フィールドに効果を無効にして守備表示で特殊召喚する(同名カードは1体まで)。
    OCGではリンク素材が変更され、(1)の戦闘破壊耐性が削除、(2)(3)も細部が変更されている。
    このうち、戦闘破壊耐性については、アニメでコンボとして使われた《Ai打ち》の方に移行している。

関連カード

収録パック等


Tag: 《ダークナイト@イグニスター》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク3 闇属性 サイバース族 攻2300 @イグニスター

広告