《ダイス・ポット/Dice Jar》

効果モンスター
星3/光属性/岩石族/攻 200/守 300
リバース:お互いにサイコロを一回ずつ振る。
相手より小さい目が出たプレイヤーは、相手の出た目によって以下のダメージを受ける。
相手の出た目が2〜5だった場合、相手の出た目×500ポイントダメージを受ける。
相手の出た目が6だった場合、6000ポイントダメージを受ける。
お互いの出た目が同じだった場合はサイコロを振り直す。

 Pharaonic Guardian −王家の守護者−で登場した光属性岩石族下級モンスター
 最大で6000ポイントものダメージを生み出す、豪快かつ強烈なリバース効果を持つ。

 最高値だけに注目すれば間違いなく最強のバーンカードである。
 《F・G・D》ダイレクトアタックよりも大きなダメージが、リバースするだけで発生するとなれば、いかに強力か分かるだろう。
 《運命の分かれ道》を一緒に成功させれば、8000ダメージ1ターンキルもありうる。
 もし相手《神の警告》等でライフポイントを消費していた場合、このカードだけでデュエルが終わる事もある。
 ただし、自滅して自分1ターンキルされる確率もまた、同じである。

 よほど追い詰められていない限り、そのまま使用してもメリットがないので、他のカードのサポートが必須である。
 特に、《出たら目》を使えば大幅に「相手に6000ダメージ」を出せる確率が上がる上に、自分が被害を受ける確率もほぼ無視できる値に軽減できる。
 事故の可能性は高まるが補って余りある確率補正が望めるため、このカードで勝利を狙うのであれば必ず投入しておきたい。
 《デス・ウォンバット》《レインボー・ライフ》を併用することにより自分へのダメージを防ぐことができる。
 また、相手送りつけ《リフレクト・ネイチャー》を併用した場合、どのような結果になっても相手ダメージがいく。

  • 間違えやすいが「ポッ」ではなく「ポッ」である。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメGX35話で、アカデミアの古井戸に捨てられていた弱小カードの1枚。
    万丈目に引き取られた。
  • アニメARC-V3話ではLDSの【ギャンブル】デッキの授業のホワイトボードに上の表と似たような表が書かれていた。
    しかし、《ダイスポット》と中間点無しで表記されていた上、右には《ダメージポット》と誤植されている。
    なお、《ダメージ・ポット》はZEXALII(セカンド)でベクターが使用したカードである。

関連カード

収録パック等

このカードを使用する代表的なデッキ

FAQ

Q:このモンスター効果の発動に対し、《地獄の扉越し銃》発動できますか?
A:発動した時点ではどちらがダメージを受けるか確定していないため、発動できません。

Q:《リバースダイス》効果によりサイコロを振りなおす場合、振りなおすのはどちらのプレイヤーですか?
A:お互いプレイヤーサイコロを振り直します。

Q:お互いサイコロを一回ずつ振る際に《出たら目》効果適用できるのはどちらか一方の出た目のみですか?
A:はい、どちらか一方にしか適用できません。(14/04/24)

Q:サイコロを振りなおす場合、振り直す度に《出たら目》効果適用できますか?
A:いいえ、振り直す度に適用できません。(14/04/24)

広告