《ダイナレスラー・キング・(ティー)レッスル》

リンク・効果モンスター
リンク3/地属性/恐竜族/攻3000
【リンクマーカー:左下/右下/下】
「ダイナレスラー」モンスター2体以上
(1):このカードが戦闘を行う場合、
相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠カードを発動できない。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
相手は他のモンスターを攻撃対象に選択できない。
(3):相手バトルフェイズ開始時に、
相手フィールドの攻撃表示モンスター1体を対象として発動できる。
このバトルフェイズ中、相手はそのモンスターで攻撃宣言しなければ、
他のモンスターで攻撃宣言できない。
攻撃宣言しなかった場合、対象のモンスターはそのバトルフェイズ終了時に破壊される。

 SOUL FUSIONで登場した地属性恐竜族リンクモンスター
 戦闘時の相手魔法・罠カード発動を封じる永続効果、他の自分モンスター攻撃対象にさせない永続効果相手が最初に攻撃するモンスターを指定し、攻撃しなかった場合は破壊する誘発効果を持つ。

 (1)の効果戦闘中の魔法・罠カード発動を封じるもの。
 一部のアンティーク・ギアが持つものと異なり相手から攻撃を受けた場合も適用されるため、リンク3としては最大の攻撃力の高さも相まって戦闘には強い。
 ただ、モンスター効果魔法・罠カード効果の発動は封じることができないので過信はできない。

 (2)は他のモンスター攻撃から守る効果
 このカードの他の効果と合わせて相手バトルフェイズ中の主導権を握ることが可能。

 (3)は指定したモンスターで最初に攻撃宣言しないと他のモンスター攻撃宣言できず、指定したモンスターバトルフェイズ終了時に破壊される効果
 攻撃力3000未満のモンスターを選択すれば(2)の効果と合わせて相手攻撃を躊躇させられる。
 さらに《ワールド・ダイナ・レスリング》の(1)の効果と組み合わせれば、相手は指定されたモンスター攻撃だけでバトルフェイズが終わることになり、攻撃ロックも狙える。
 ただ、このカードを攻略できるモンスター1体のみの状況になると攻撃され突破されてしまう。
 カウンター罠などを併用して対処できるようにしておきたい。

 リンク素材ダイナレスラー縛りはあるものの、リンク3ながら攻撃力3000、下向きのみのリンクマーカーメリット効果を3つ持つなど、単純なスペックは高い。
 一方で直接アドバンテージを稼いだり、特に耐性があるわけでもないため完全に戦闘に特化した性能といえる。
 《ダイナレスラー・システゴ》などで蘇生もできるので、一度リンク召喚できればアタッカーとしての活躍が期待できるだろう。

  • 名前の由来は「Tレックス」+「レッスル(wrestle)」だろう。
    「レッスル」とは「レスリング」の語源であり、「組み合う」という意味の他に「困難に立ち向かう」などの意味もある。
  • イラスト上の特徴として右肩には恐竜の頭骸骨の、左肩には背骨と肋骨の意匠がある。

関連カード

収録パック等


Tag: 《ダイナレスラー・キング・Tレッスル》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク3 地属性 恐竜族 攻3000 ダイナレスラー

広告