《ダウンビート/Downbeat》

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドの表側表示モンスター1体をリリースして発動できる。
リリースしたモンスターと元々の種族・属性が同じで
元々のレベルが1つ低いモンスター1体をデッキから特殊召喚する。

 EXTREME FORCEで登場した通常魔法
 自分モンスター1体をリリースし、そのモンスターと同じ種族属性レベルが1つ低いモンスターリクルートする効果を持つ。

 《トランスターン》レベルダウン版といった効果であり、リリースであるためトークンペンデュラムモンスターも利用できる。
 また、元々のレベルを参照するため、レベルが低下する妥協召喚モンスターから高レベルモンスターリクルートすることも可能である。
 種族属性によっては地味ながら《トランスターン》では対応し辛いレベル帯が発生していることもあり、そうしたデッキではこのカードが有効な場合もある。
 《サイコ・ショックウェーブ》を擁していながらレベル5にはあまり恵まれていない闇属性機械族レベル6は、妥協召喚できるレベル7の《可変機獣 ガンナードラゴン》がいるためこのカードの方が便利になる。

 しかしその性質上、下級モンスターから上級モンスターを出すことができないため《トランスターン》以上にデッキを選ぶカードとなっている。
 特殊召喚が容易な高レベルモンスターを多数擁する、あるいは消費に対し十分な利益の出るデッキなどでない限りは、下級モンスターリリースキーカードとなる1つ下のレベルモンスターリクルートする事になるだろう。
 例えば【インフェルニティ】では用の済んだ《インフェルニティ・デーモン》から《インフェルニティ・ネクロマンサー》を呼び出すことが可能。

 リリーストリガーとするモンスターリリースするのも手であり、【聖刻】では、リリースされた聖刻特殊召喚効果発動しつつ、リクルートできる。
 【剛鬼】でもレベル1〜6がメインデッキに揃っており、フィールドから墓地へ送られれサーチ効果発動するのでディスアドバンテージも補える。

  • 「ダウンビート」とは「(音楽を演奏する際の)それぞれの小節における最初の一拍」を意味する。
    また、ヒップホップの系列の音楽の分類に同名のジャンルがある。
  • コナミのゲーム作品において―
    スマホアプリ「デュエルリンクス」には、このカード効果と似たような能力を持つスキル「モンスターチェンジ・退化」が存在する。
    このスキルならではの特性については《トランスターン》を参照のこと。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《ダウンビート》 魔法 通常魔法

広告