《ディメンション・マジック/Magical Dimension》

速攻魔法
(1):自分フィールドに魔法使い族モンスターが存在する場合、
自分フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをリリースし、手札から魔法使い族モンスター1体を特殊召喚する。
その後、フィールドのモンスター1体を選んで破壊できる。

 STRUCTURE DECK−遊戯編− Volume.2で登場した速攻魔法
 魔法使い族が存在する場合に、リリース手札魔法使い族特殊召喚を行った後、モンスターを1体破壊する事もできる一連の効果を持つ。

 魔法使い族であれば、たとえ最上級モンスターであっても特殊召喚できる。
 しかしこのカードを消費し、モンスター1体をリリースし、相手モンスター1体を破壊するので、カード・アドバンテージの面では1枚のディスアドバンテージとなる。

 発動後のディスアドバンテージ以上に成果をあげるために、フリーチェーンであるメリットを生かしたい。
 例えば、相手対象をとるカードチェーンして発動対象となったモンスターリリースすれば、サクリファイス・エスケープが成立し2:2交換となる。
 対象をとらないカードでも、《奈落の落とし穴》《聖なるバリア −ミラーフォース−》などは回避可能である。
 フリーチェーン除去なので、相手がエクシーズ素材を並べている所を阻害する事も可能。
 手札消費は激しいが、攻撃を終えたモンスターリリースし後続を特殊召喚すれば大ダメージが狙える。
 シャドール《墓守の召喚師》リリースする事でもディスアドバンテージを軽減できる。

 かつては魔法使い族の代表的なサポートカードだったが、現在では《魔導召喚士 テンペル》《黒魔族復活の棺》などの大型魔法使い族を出しやすいカードも増加しており、このカードを採用する必要は薄れている。
 フリーチェーン除去である点など独自の利点はあるものの、単に特殊召喚を狙うならば安定性の高いカードとはいえない。
 使うならサーチが容易な大型魔法使い族であったり、他のサポートカードに対応しない《氷の女王》などを使う場合か。
 破壊効果モンスターコントローラーを問わないので、《氷の女王》を採用する際は自身の破壊も選択肢の1つとして覚えておきたい。
 無理に上級モンスターを狙わず、下級モンスター主体のデッキで使うのも手であろう。
 相手ターン特殊召喚する事で攻撃に関する制約を軽減できる《トゥーン・ヂェミナイ・エルフ》や、直接攻撃が狙える事で威力の増す《お注射天使リリー》《霊滅術師 カイクウ》などを使いこなせば、表面的なカード・アドバンテージ以上の威力を発揮する。

  • アニメでは《マジカルディメンション》に名前が変更され、原作の効果から破壊効果がなくなり、モンスター完全破壊効果は、速攻魔法神々の黄昏(ラグナロク)》に差し替えられた。
    因みに、アニメのバトルシティルールでは上述のルールはないため直接破壊していても問題は無い。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:《ディメンション・マジック》のリリース対象をとりますか?
A:《ディメンション・マジック》は、リリースするモンスター1体を対象にとる効果となります。(12/04/29)

Q:自分フィールド《ホーリー・エルフ》《クリッター》がいる時に、このカード発動し、リリースとして《クリッター》を指定しました。
  このカード相手チェーンし、《死者への供物》《ホーリー・エルフ》破壊しました。
  この場合、このカード不発になりますか?
A:《クリッター》リリースし、このカードの効果適用されます。(08/05/10)

Q:このカードの発動チェーンして《生贄封じの仮面》発動された場合、処理はどのようになりますか?
A:いかなるリリースも不可能となるため、モンスターリリースする事ができず特殊召喚効果及び破壊効果適用は行われなくなります。(09/05/01)

Q:《ディメンション・マジック》を発動する際に、《禁じられた聖槍》等の効果適用され、魔法カード効果を受けないモンスター対象として選択し、リリースする事はできますか?
A:自分フィールド上に存在するモンスター魔法カード効果を受けないモンスターのみの場合でも、自分フィールド上に魔法使い族モンスターが存在するのであれば、《ディメンション・マジック》を発動する事ができます。
  なお、《ディメンション・マジック》の対象として選択したモンスター《禁じられた聖槍》等の効果によって魔法カード効果を受けないモンスターだった場合には、《ディメンション・マジック》の効果処理によるモンスターリリースはできず、効果適用されません。(13/07/04)
  (「手札から魔法使い族モンスター1体を特殊召喚する」処理、「その後、フィールド上のモンスター1体を選んで破壊できる」処理も適用できません。)

Q:このカードの発動チェーンして《虚無空間》発動された場合、処理はどのようになりますか?
A:リリースする処理のみが行われ、魔法使い族モンスター1体を特殊召喚する処理、とフィールド上のモンスター1体を選んで破壊できる処理は適用できません。(14/06/23)

Q:《クロス・ソウル》効果リリース対象に選択した相手モンスターを、このカードの効果リリースすることは可能ですか?
A:可能です。(08/06/30)

Q:《ディメンション・マジック》で《代打バッター》《フォーチュンレディ・ライティー》リリースしました。
  魔法使い族モンスター特殊召喚した後破壊効果を使わない場合、このようなモンスターたちの効果は使うことができますか?
A:このカードの効果によって、《代打バッター》《フォーチュンレディ・ライティー》リリースした場合、魔法使い族モンスター特殊召喚する効果処理が続くため(リリース特殊召喚を行う処理は同時ではないので)、《代打バッター》等の効果発動する事はできません。(16/01/18)

Q:このカードの発動チェーンして発動されたカードにより特殊召喚が行えなくなった場合、どのように処理しますか?
A:リリースする処理のみが行われ、魔法使い族モンスター1体を特殊召喚する処理、とフィールド上のモンスター1体を選んで破壊できる処理は適用できません。(14/06/23)

Q:このカードの発動チェーンして《エネミーコントローラー》効果対象に選択したモンスターコントロール相手に移った場合、そのモンスターリリースされますか?
A:いいえ、リリースされず、特殊召喚する効果適用されません。(14/02/03)


Tag: 《ディメンション・マジック》 魔法 速攻魔法

広告