《デスルークデーモン/Desrook Archfiend》

効果モンスター
星3/光属性/悪魔族/攻1100/守1800
このカードのコントローラーは自分のスタンバイフェイズ毎に500ライフポイントを払う。
このカードが相手のコントロールするカードの効果の対象になり、
その処理を行う時にサイコロを1回振る。
3が出た場合、その効果を無効にし破壊する。
自分フィールド上の「ジェノサイドキングデーモン」が破壊され墓地に送られた時、
このカードを手札から墓地に送る事で、その「ジェノサイドキングデーモン」1体を特殊召喚する。

 闇魔界の脅威で登場した光属性悪魔族下級モンスター
 チェスデーモンの一体であり、自身を対象にした効果無効にする永続効果《ジェノサイドキングデーモン》蘇生する手札誘発誘発即時効果を持つ。

 チェスデーモンの共通効果カードの効果に不完全な耐性を備えているが、無効にできる確率は低い。
 守備力はそれなりにあるので状況によってはに使う事もできるが、耐性が活きる場面は少ないだろう。

 しかし、《ジェノサイドキングデーモン》戦闘効果破壊された場合に蘇生させる手札誘発効果は有用である。
 特に、効果破壊された場合には、下記の《万魔殿−悪魔の巣窟−》とのコンボで真価を発揮できる。

  1. 《ジェノサイドキングデーモン》効果破壊され墓地へ送られる
  2. それをトリガー《万魔殿−悪魔の巣窟−》サーチ効果発動する(《デスルークデーモン》を選択)。
  3. チェーンして手札のこのカード墓地へ送り蘇生効果発動する。
  4. 《ジェノサイドキングデーモン》蘇生され、新たなこのカード手札に加わる。

 これにより、再び《ジェノサイドキングデーモン》破壊に備える事ができる。
 なお、このカード《ジェノサイドキングデーモン》破壊され墓地へ送られた時点で手札に存在している必要がある点に注意したい。
 《万魔殿−悪魔の巣窟−》サーチされた時には墓地へ送られたタイミングを過ぎているので、その後で蘇生効果発動する事はできない。

  • チェスデーモンこと、チェスの駒の名を含むモンスター
    魔界に存在する多くの悪魔における一勢力のモンスターのようだ。
    その効果は、チェスにおいて「キング」と「ルーク」を入れ替えるルール「キャスリング」を表しているのだろうが、「チェック」の状態の為実際にはできない。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメGXにおける「十代vsタイタン」戦においてタイタンが使用。
    効果によって《ジェノサイドキングデーモン》は常に戦線に立たせるという、基本的な使い方を説明するような動きをしていた。
    ただし、この時チェーン処理の順序が省略されてしまっている。
    終盤ではタイタンが理性を失っていたせいか無駄に攻撃表示召喚し、簡単に戦闘破壊されてしまった。
    • アニメZEXALの徳之助の回想シーンにおいて、徳之助に負けた少年が持っていた。
      また、ZEXALII(セカンド)の「III(スリー)(ブイ)vsミザエル」戦でVが使用した通常魔法魔法召喚分解(マジック・サモン・ブレイクダウン)》のイラストに描かれている。

関連カード

―《デスルークデーモン》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:《ジェノサイドキングデーモン》特殊召喚する効果破壊された墓地《ジェノサイドキングデーモン》1体を対象に取りますか?
A:はい、対象を取ります。(10/07/09)

Q:《ジェノサイドキングデーモン》ダメージステップ中に戦闘効果破壊された場合にも、発動できますか?
A:はい、発動できます。(10/07/09)

Q:《ジェノサイドキングデーモン》裏側表示のまま効果破壊され墓地へ送られた場合にも、発動できますか?
A:はい、発動できます。(10/07/09)

Q:《ジェノサイドキングデーモン》自分フィールド上で装備カードの状態で破壊され墓地へ送られた場合にも、発動できますか?
A:はい、発動できます。(10/07/09)


Tag: 《デスルークデーモン》 効果モンスター モンスター 星3 光属性 悪魔族 攻1100 守1800 デーモン

広告