《デッキロック/Deck Lockdown》

永続魔法
このカードがフィールド上に存在する限り、
お互いにドロー以外の方法でデッキからカードを手札に加える事はできず、
デッキからの特殊召喚もできない。
発動後2回目の自分のスタンバイフェイズ時にこのカードを破壊する。

 LIGHT OF DESTRUCTIONで登場した永続魔法
 デッキからのサーチリクルートを封印しつつ、2ターン後に自壊する効果を持つ。

 サーチだけでなく、リクルーターなどのデッキからの特殊召喚も潰せる。
 【聖刻】等、リクルートを展開の軸にするデッキも多く、サーチを行うデッキも多いので、行動を大きく制限できる。
 《レスキューラビット》等にも制限がかかるため、メタとしての性能が高い。

 しかし、自分ターンで数えてわずか2ターン自壊してしまうため、主力メタとして運用するのは厳しい。
 このカード自壊を待ってから、相手に温存していた《増援》等を発動されるといった事も少なくない。

 類似する効果を持つ《ライオウ》《手違い》と比較すると、このカードリクルートも封印できるメリットを持つ。
 それに対して、《ライオウ》はあらゆる召喚宣言して行う特殊召喚に対応し、かつ致命的とも言える自壊デメリットを持たない点で勝り、【メタビート】などではあちらのほうが扱いやすい。
 同様に《手違い》相手サーチチェーンすることで、相手の意表をつける上1枚消費させることができ、デメリットがないこれらと比べるとやはり使い勝手は劣る。
 こちらを使うならば《氷結界の虎王ドゥローレン》《霞の谷のファルコン》等を用いて、繰り返し使えるようにしたい。
 そもそもデュエルが高速化した現環境に於いて、2ターンもの間、相手サーチカードを死に札にするだけでも充分仕事は果たしているとも言える。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:このカード自壊する効果チェーンブロックが作られますか?
A:いいえ、作られません。(11/01/30)

Q:《デッキロック》の効果は、シンクロ召喚融合召喚などエクストラデッキからの特殊召喚も不可能にしますか?
A:《デッキロック》が発動している場合でも、エクストラデッキからの特殊召喚は可能です。(08/07/03)


Tag: 《デッキロック》 永続魔法 魔法

広告