《デビルズ・サンクチュアリ/Fiend's Sanctuary》

通常魔法
(1):自分フィールドに「メタルデビル・トークン」(悪魔族・闇・星1・攻/守0)1体を特殊召喚する。
このトークンは攻撃できず、
このトークンの戦闘で発生するコントローラーへの戦闘ダメージは代わりに相手が受ける。
このトークンのコントローラーは自分スタンバイフェイズ毎に1000LPを払う。
または、LPを払わずにこのトークンを破壊する。

 ザ・ヴァリュアブル・ブック5 付属カードで登場した通常魔法
 戦闘ダメージを反射する能力を持つメタルデビル・トークンを生成できる。

 メタルデビル・トークン戦闘ダメージ反射効果を持つものの、攻撃できないので《アマゾネスの剣士》のように自爆特攻から大きなダメージを狙う事はできない。
 また戦闘破壊耐性などはないので、弱小モンスター攻撃を受ければわずかなダメージで突破されてしまう。
 戦闘破壊耐性を付与し、《バトルマニア》を併用すれば大ダメージが見込めるが、類似効果を持つ他のカードで行ったほうが楽である。

 このカードの真価は、生成したメタルデビル・トークンアドバンス召喚に使用できる点にある。
 羊トークン等に見られる召喚リリースに関する制約が一切なく、なおかつノーコスト通常魔法であるため非常に扱いやすい。
 中でも、【帝コントロール】等の高レベルモンスターを主力とするデッキとは相性が良い。
 同様の役割をできるモンスター《ジェスター・コンフィ》も存在しているので、うまく役割分担をしていきたい。

 トークンの利用がコンセプトとなる【幻獣機】では特殊召喚に制限がかかる《スケープ・ゴート》《終焉の焔》以上に役立つ局面も多い。
 取り分け《幻獣機メガラプター》との相性は良く、2つの効果発動条件を容易に満たすことができるのは魅力である。

  • 英語名の《Fiend's Sanctuary》を直訳すると「魔の聖域」といった意味になる。
  • 闇遊戯はこのカードドローした際に、カードを確認せずにセットしてターンエンドしている。
    闇遊戯曰く「海馬の魂を感じた」ためにわかったとのことだが、これはもちろんルール違反である。
    当然審判からは違反行為と見なされたが、海馬の主催者権限によりデュエルは続行となった。

関連カード

―《デビルズ・サンクチュアリ》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:メタルデビル・トークンは、「攻撃できない、ダメージ相手が受ける、ライフを払わなければ破壊される」効果を持つ効果モンスターとして扱われますか?
A:いいえ、トークン通常モンスターとして扱います。3つの効果はルール上の効果のようなものとして扱います。

Q:ライフコストの支払いは任意ですか?
A:任意です。(13/10/16)


Tag: 《デビルズ・サンクチュアリ》 魔法 通常魔法

広告