《トゥーン・仮面魔道士(かめんまどうし)/Toon Masked Sorcerer》

トゥーンモンスター
星4/闇属性/魔法使い族/攻 900/守1400
このカードは召喚・反転召喚・特殊召喚したターンには攻撃する事ができない。
自分フィールド上に「トゥーン・ワールド」が存在し、
相手フィールド上にトゥーンモンスターが存在しない場合、
このカードは相手プレイヤーに直接攻撃する事ができる。
フィールド上の「トゥーン・ワールド」が破壊された時、このカードを破壊する。
このカードが相手ライフに戦闘ダメージを与えた時、
自分のデッキからカードを1枚ドローする。

 STRUCTURE DECK−ペガサス・J・クロフォード編−で登場した闇属性魔法使い族下級トゥーンモンスター
 トゥーンモンスターとなった《仮面魔道士》であり、《トゥーン・ワールド》がなくても召喚特殊召喚できる。
 戦闘ダメージを与えた時にカードを1枚ドローできる誘発効果を持つ。

 ステータスは低いものの、【トゥーン】では基本的に《トゥーン・キングダム》適用下で運用するため直接攻撃が可能。
 戦闘耐性も得られるため、召喚ターン攻撃不可のデメリットをある程度緩和できる。
 《トゥーン・マスク》《リビングデッドの呼び声》等で相手ターン特殊召喚し、返しのターンで即座に効果を狙うことも可能である。
 《ディメンション・マジック》除去を兼ねつつ相手ターン中に手札から特殊召喚するのも良い。

 もっともその点では《トゥーン・ヂェミナイ・エルフ》も存在しており、アタッカーとしての扱いやすさは比較にならない。
 ドローエンジン以外では《死のデッキ破壊ウイルス》《闇の誘惑》等に対応するため、そのコスト・条件として仕込む等で差別化したい。
 また、闇属性なので《No.66 覇鍵甲虫マスター・キー・ビートル》エクシーズ素材にすることも可能。
 《トゥーン・キングダム》等の維持に利用できるため、間接的に自身の自壊阻止に貢献できる。
 その《トゥーン・キングダム》の存在から場持ちは良く、上記の《死のデッキ破壊ウイルス》とは相性が良いものの、トゥーン最低の900という低攻撃力サンドバッグとなり易いためこのカード1枚だけにアタッカーを任せるのはいささか不安が残る。
 【トゥーン】とは好相性《カイザーコロシアム》等で防御も固めておきたいところである。

 【トゥーン】以外では【エクゾディア】《トゥーンのもくじ》での最終的なサーチ先に起用するのも良い。
 滅多に遭遇しないが相手《マジシャンズ・サークル》エクゾディアパーツ特殊召喚せずに済むという利点もある。

関連カード

戦闘ダメージを与えた時にドローを行う効果については《仮面魔道士》を参照

収録パック等


Tag: 《トゥーン・仮面魔道士》 トゥーンモンスター 効果モンスター モンスター 星4 闇属性 魔法使い族 攻900 守1400 トゥーン

広告