《ナチュル・アントジョー/Naturia Antjaw》

効果モンスター
星2/地属性/昆虫族/攻 400/守 200
相手がモンスターの特殊召喚に成功した時、
自分のデッキからレベル3以下の「ナチュル」
と名のついたモンスター1体を特殊召喚できる。

 DUEL TERMINAL −魔轟神復活!!−で登場した地属性昆虫族下級モンスター
 相手モンスター特殊召喚に成功した時、デッキからレベル3以下のナチュルリクルートする誘発効果を持つ。

 相手特殊召喚に反応してナチュルリクルートするため、その度に1枚のアドバンテージを稼ぐ事ができる。
 特殊召喚するモンスターの選択肢は多いが、攻撃を抑制する《ナチュル・バタフライ》《ナチュル・スティンクバグ》《ナチュル・フライトフライ》がメインとなる。
 出されたモンスター効果《ナチュル・サンフラワー》で止めたり、《ナチュル・モスキート》《ナチュル・ビーンズ》コンボを補助したりと、デッキ内に対象をきちんと用意できるならば非常に多様な動きができる。
 相手を「特殊召喚で大量展開したはいいが、その後何もできなくなってしまった」という状態に追い込める場合もある。
 《増殖するG》と組み合わせることで更にアドバンテージを得つつ、相手特殊召喚を牽制することも可能。

 しかし、このモンスター単体では弱小モンスターに過ぎず、すぐ除去されてしまう。
 複数の除去ロック《ナチュル・バンブーシュート》《ナチュル・マンティス》と同時に並べることができた時に真価を発揮するといえる。

 また、能動的に発動するには《浅すぎた墓穴》等限られたカードと併用するしかない。
 《ドラゴノイド・ジェネレーター》ならば、特に相手フィールド墓地に左右されずにリクルート効果トリガーにできる。
 幸い《ナチュル・クリフ》でのリクルート《ナチュル・マロン》での墓地落としからの蘇生によって持ってくることはできるため、相手デッキタイプや状況を見極めてフィールドに置いておきたい。

 相手特殊召喚効果発動チェーンして《リビングデッドの呼び声》等でこのカード蘇生すると不意打ちで効果発動できる。
 ただし、相手モンスター特殊召喚に成功したタイミングで蘇生しても効果は使えず、召喚ルール効果での特殊召喚には後出しでは対応できないため先読みが必要となる。

 特殊召喚を抑制したいなら《フォッシル・ダイナ パキケファロ》を採用した方が良いというパターンもあるだろうが、他のナチュルとのシナジーがあるため【ナチュル】では差別化は容易である。

  • 「アントジョー」とは直訳で「蟻のアゴ」。
    蟻にとってその発達したアゴは武器であり、かつ食料を運ぶ手段でもあるが、イラストからはそのような荒々しさは見られない。

関連カード

特殊召喚できるレベル3以下のナチュル一覧

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:誘発効果です。(08/12/06)

Q:ダメージステップ発動可能ですか?
A:いいえ。ダメージステップでの発動はできません。(10/01/20)

Q:自分発動した《浅すぎた墓穴》効果によって相手モンスター特殊召喚に成功しました。
  この場合、《ナチュル・アントジョー》の効果の発動は可能ですか?
A:はい、可能です。(09/10/09)

Q:このカード相手モンスターと同時に特殊召喚された場合、特殊召喚効果発動できますか?
A:発動できます。(14/11/09)


Tag: 《ナチュル・アントジョー》 効果モンスター モンスター 星2 地属性 昆虫族 攻400 守200 ナチュル

広告