《ネオス・フュージョン》

通常魔法
(1):自分の手札・デッキ・フィールドから融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、
「E・HERO ネオス」を含むモンスター2体のみを素材とする
その融合モンスター1体を召喚条件を無視してEXデッキから特殊召喚する。
このカードの発動後、ターン終了時まで自分はモンスターを特殊召喚できない。
(2):「E・HERO ネオス」を融合素材とする自分フィールドの融合モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、
または自身の効果でEXデッキに戻る場合、代わりに墓地のこのカードを除外できる。

 SAVAGE STRIKEで登場した通常魔法
 手札デッキフィールドから《E・HERO ネオス》を含む融合素材2体を墓地へ送り召喚条件を無視して特殊召喚を行う効果融合モンスター破壊される場合、または自身の効果エクストラデッキに戻る場合に代わりに墓地から除外できる効果を持つ。

 (1)は下記の融合モンスター特殊召喚する効果
 特殊召喚できる融合モンスターの数は《ミラクル・コンタクト》よりも少ないが、疑似デッキ融合が可能な事から、一切の事前準備が不要という大きな利点がある。
 発動後の展開には制約がかかるものの発動前の展開は自由であり、捕食植物等の融合サポートとの併用や、リンクモンスターを出してリンク先を用意するのも可能。
 《竜魔導の守護者》によるサーチも可能だが、このカード墓地へ送ったモンスター蘇生できないのが難点。
 墓地を肥やす手段にもなるため、《E・HERO ブレイヴ・ネオス》を出せばレベル4以下のあらゆる効果モンスター墓地へ送ることができる。
 コンタクト融合体もネオスペーシアン墓地へ送ることができ、次のターン以降にサポートカードを活用できる。
 フィニッシャー級の性能を持つ《レインボー・ネオス》すらも1枚で特殊召喚でき、除去能力を活用した後に攻撃していける。

 (2)は身代わりとなる効果
 破壊の他、《E・HERO マリン・ネオス》以外のコンタクト融合デッキに戻る効果も打ち消せる。
 (1)で特殊召喚したコンタクト融合体も1ターン維持可能。

関連カード

イラスト関連

このカードで特殊召喚できる融合モンスター

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:《マジカルシルクハット》モンスターカード扱いになっている時、《E・HERO ゴッド・ネオス》融合素材に「ネオス」と名のついたモンスターとして使うことができますか?
A:はい、できます。(18/10/13)


Tag: 《ネオス・フュージョン》 魔法 通常魔法 フュージョン

広告