《ハンドレス・フェイク/Phantom Hand》

永続罠
自分フィールド上に「インフェルニティ」と名のついた
モンスターが表側表示で存在する場合、
1ターンに1度だけ、次の自分のスタンバイフェイズ時まで
自分の手札を全て裏側表示でゲームから除外する事ができる。

 THE SHINING DARKNESSで登場した永続罠
 自分手札を一時的に除外する効果を持つ。

 一時的に手札0の状況を作り出す事ができる。
 その他にも手札破壊を回避するといった使い方もできる。
 まず機会はないだろうが、手札が7枚以上の時にエンドフェイズ手札調整を回避する事もできる。

 発動条件であるインフェルニティにとって、手札が0であるという事は非常に重要である。
 しかし《インフェルニティ・インフェルノ》墓地を肥やすなり、《サンダー・ブレイク》などで除去している間に自然に手札は減っていくため採用する必要がない。
 またこのカード単体では役に立たず、よく考えずにこのカードを使用しても単に1枚のディスアドバンテージになるだけである。

 このカードを生かすのならば、手札を維持しながら手札0の状況を作り出す事ができる点に着目したい。
 《インフェルニティ・ガーディアン》とは抜群のシナジーを形成し、《サイバーデーモン》を維持できれば安定して2枚ドローでき、デメリットも無視できる。
 これらを使用する【ハンドレスエクゾ】では一転してキーカードとなる。
 また、《メタモルポット》《死なばもろとも》等にチェーン発動する事で、ドロー枚数の増加やデメリットの回避を狙える。

  • 下記FAQの通り、スタンバイフェイズにこのカードが存在しなくても手札は戻ってくる。
    このカード除去されて手札除外されっぱなしという最悪の事態は発生しないため、安心して運用する事ができる。
    永続罠では珍しいタイプの裁定だが、もし戻ってこないなら除去が怖くてとても使えたものではなかったであろう。
  • 原作・アニメにおいて―
    「ハンドレス」とは、アニメ及び漫画5D'sで鬼柳が使う「自分手札を0にする」戦術の事。
    インフェルニティを用いたコンボは、アニメでは「ハンドレスコンボ」、漫画では「無手札必殺(ハンドレスコンボ)」と称されている。
  • コナミのゲーム作品において―
    TAG FORCEルールのタッグデュエルでは、OCGとは少し変わった挙動をする。
    除外した手札が戻ってくるのは次の自分スタンバイフェイズだが、その時には既にパートナーと交代しているため、パートナーの手札に加わる事になる。
    すなわち、パートナーに自分手札を全て渡す事が可能となるのである。
  • DUEL TERMINALでは、鬼柳が使用する。
    アニメに登場していないが、専用ボイスが用意されている。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:どの処理がチェーンブロックを作りますか?
A:手札除外する効果チェーンブロックが作られ、手札が戻る効果チェーンブロックが作られません。(10/02/20)

Q:除外する効果解決時インフェルニティモンスター表側表示で存在しない場合、手札除外する効果適用されますか?
A:いいえ、されません。(10/02/20)

Q:自分スタンバイフェイズにこのカードが無いときまたは無効化されている時に、手札は戻りますか?
A:はい、その場合でも手札が戻る処理は行われます。(10/03/03)


Tag: 《ハンドレス・フェイク》 永続罠

広告