《バブル・クラッシュ/Bubble Crash》

通常罠
手札・フィールド上のカードの合計が6枚以上あるプレイヤーは、
その合計が5枚になるようにカードを墓地へ送る。

 Mythological Age −蘇りし魂−で登場した通常罠
 手札フィールド上のカードの枚数を参照し、除去手札破壊を行う。

 選択するのは相手だが、確実にアドバンテージを獲得しやすい。
 自分も影響を受けるデメリットはあるが、この点は【正規融合】等の手札消費が激しいデッキに向いているともいえる。
 また、《封印の黄金櫃》《ハンドレス・フェイク》で一時的に自分手札フィールドカードを減らす手もある。
 このカードの効果処理段階のカード枚数で判断することを利用し、チェーンを上手く使うことでもこちらの損失を抑えることができる。
 【アーティファクト】相手攻撃宣言時に発動《邪神の大災害》チェーンさせれば相手に損失を与えつつ展開できる。
 ドローサーチなどを含む魔法・罠カードを複数枚チェーンしてカード発動し、最後に《非常食》などで墓地に送ってもいい。
 このカード効果墓地に送りつつドローする枚数を増やせる《ゴブリンのやりくり上手》とは相性が良く、上記のコンボとも併用できる。
 《非常食》《妖精の風》より扱い辛いが、上手く行けば相手の手をそぎ落としつつアドバンテージで有利になれるため、狙ってみる価値はあるだろう。

 しかし、いずれの場合でもお互い手札フィールド上のカードの枚数が5枚以下の状況では腐ることになる。
 とはいえ発動条件は決して厳しいものではなく、ペンデュラム召喚《ソウル・チャージ》による大量展開を狙えば発動しやすい。
 《大盤振舞侍》《電動刃虫》等でドローさせて能動的に発動条件を満たすこともできる。
 【デッキ破壊】にこれらのカードを採用する事で、相手カード・アドバンテージボード・アドバンテージの両方を奪うことができる。

  • 《成金ゴブリン》の強欲ぶりもここまで、一気にどん底へと突き落とされる前兆である。

関連カード

イラスト関連

―類似効果

収録パック等

FAQ

Q:このカードトークンを選択することはできますか?
A:モンスタートークンフィールド上のカードとしてカウントされているため、「墓地へ送る」処理の対象にできます。
  その場合、墓地へ送る処理の際にトークンは消滅します。

Q:お互いプレイヤー手札フィールド上のカードを合計6枚以上持っているときにこのカード発動しました。
  このときお互いプレイヤー墓地へ送るカードはどのタイミングで公開されますか?
A:カード墓地へ送る処理はターンプレイヤーから先に行います。
  ターンプレイヤーが選択したカード墓地に送ったことを確認してから、非ターンプレイヤー墓地へ送るカードを選択します。(16/03/12)


Tag: 《バブル・クラッシュ》 通常罠

広告