《ヒーロー・マスク/Hero Mask》

通常魔法
(1):自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
デッキから「E・HERO」モンスター1体を墓地へ送り、
対象の自分の表側表示モンスターはエンドフェイズまで、
この効果で墓地へ送ったモンスターと同名カードとして扱う。

 LIGHT OF DESTRUCTIONで登場した通常魔法
 自分フィールド上のモンスターを、デッキから墓地へ送ったE・HERO同名カード扱いとする効果を持つ。

 融合素材を揃えるのに使うのならば《E・HERO プリズマー》を使った方が手札効率がいいといえる。
 墓地肥やしの点から見ても、維持や蘇生などで無理なく複数回効果を使える《E・HERO プリズマー》のほうに分がある。
 しかし、こちらは対象となるモンスターを選ばず、どんなモンスターでも融合素材としたり、E・HEROの専用サポートが使えるようにするという点では勝る。

 《E・HERO プリズマー》と異なり、このカード墓地へ送り、カード名を得る事ができるのはE・HEROのみという点には気をつけたい。
 選択するフィールド上のモンスターは何でもかまわないが、この点が大きく足を引っ張ることになる。
 事実上、E・HEROE−HERO《レインボー・ネオス》《ネオス・ワイズマン》以外の融合素材召喚条件には使用できない。
 しかし逆に、決められた融合素材になっていない《E・HERO エアーマン》《E・HERO ボルテック》なども、このカードなら墓地へ送ることができる。

 このカードで特定のE・HEROの名前を借りる事で《ラス・オブ・ネオス》《フェザー・ショット》等のE・HEROサポートの恩恵を受けさせるという使い方も可能。
 しかしいずれも最低3枚のカードが必要で安定性があるとは言えずリターンも少ない。
 ネタとしては色々な事ができるが、実践級となると有効なものは限られる。

関連カード

イラスト関連

―《ヒーロー・マスク》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:対象にとる効果ですか?
A:自分フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を対象にとる効果です。(08/05/31)

Q:《邪神アバター》《E・HERO フェザーマン》とした場合、攻撃力はどうなりますか?
  《邪神アバター》だけがフィールドにいるとします。(攻撃力100)

  1. 《邪神アバター》がこのカードで《E・HERO フェザーマン》の名前を得る。(この時点で《邪神アバター》ではなくなる)
  2. 《邪神アバター》以外で最高攻撃力を持つのは、「《邪神アバター》ではなくなり《E・HERO フェザーマン》となった自身」である。
  3. 攻撃力100に+100して200になる。
  4. 処理の結果、最高攻撃力を持つのは「《邪神アバター》ではなくなり《E・HERO フェザーマン》となった自身」である。
  5. 攻撃力200に+100して300になる。

  これを延々とリピートすることになりますか?
A:この場合は100になります。(10/08/14)

Q:モンスタートークン《E・HERO ネオス》とした場合、そのモンスタートークンコンタクト融合に使用できますか?
A:モンスタートークンデッキに戻せないので、コンタクト融合には使用できません。(08/03/05)

Q:デッキからE・HERO墓地へ送る行為は、発動コストですか?
A:いいえ。カードの効果によって墓地に送ります。(08/03/06)

Q:このカードの効果によってカード名を変更されたモンスターフィールド上を離れた場合、カード名リセットされますか?
A:はい。フィールド離れた場合、変更されたカード名は元に戻ります。(08/05/18)

Q:《マクロコスモス》適用中に発動カード除外されたとき、カード名変更処理は発生しますか?
A:墓地へ送る事が出来なかったため、カード名は変更されません。(10/09/04)

Q:《E・HERO ネオス》のみがフィールドにいる時、このカード《E・HERO ネオス》墓地に送れますか?
A:いいえ、墓地に送れません。(14/01/18)

Q:効果処理時に対象に選択したモンスターフィールド上に表側表示で存在しなくなった場合、デッキから「E・HERO」を墓地に送る処理を行ないますか?
A:はい、その場合でも墓地に送る処理を行ないます。(14/02/10)

Q:この効果墓地へ送ったモンスター同名カードとして扱う場合、元々のカード名としては扱われなくなりますか?
A:はい、変更前のカード名としては扱われません。(13/02/20)

Q:この効果墓地モンスターを送る処理と同名カードになる処理は同時に行う扱いですか?
A:はい、同時扱いです。(14/07/30)

広告