《ヒーロー・マスク/Hero Mask》

通常魔法
(1):自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
デッキから「E・HERO」モンスター1体を墓地へ送り、
対象の自分の表側表示モンスターはエンドフェイズまで、
この効果で墓地へ送ったモンスターと同名カードとして扱う。

 LIGHT OF DESTRUCTIONで登場した通常魔法
 自分フィールド上のモンスターを、デッキから墓地へ送ったE・HERO同名カード扱いとする効果を持つ。

 カード名をコピーし、融合素材を揃えるのに使うのならば《E・HERO プリズマー》が存在する。
 墓地肥やしの点から見ても、維持や蘇生などで無理なく複数回効果を使えるあちらに分がある。
 決められた融合素材になっていない《E・HERO シャドー・ミスト》などを墓地へ送るのも《E・HERO ブレイズマン》で十分。

 このカードの真価はE・HERO以外のモンスターE・HEROとして扱えるところにある。
 例として《ナーガ》カード名《E・HERO ネオス》に変え、《ラス・オブ・ネオス》を使えばリクルート効果使用できる。
 《機械複製術》《同姓同名同盟》に対応するモンスターに使えば、召喚条件のないE・HEROの大量展開も可能。
 更にトークン以外のほとんどのモンスター《マスク・チェンジ》からM・HERO特殊召喚できるようになる。
 《マスク・チェンジ・セカンド》と違いレベルを参照しないため、エクシーズモンスターでさえも適用できる。

 しかし、いずれも最低3枚のカードが必要で安定性があるとは言えずリターンも少ない。
 様々なコンボが狙えるものの、実戦では2枚目以降の《おろかな埋葬》として使うことに留めるのが無難だろう。

関連カード

イラスト関連

―《ヒーロー・マスク》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:対象にとる効果ですか?
A:自分フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を対象にとる効果です。(08/05/31)

Q:《邪神アバター》《E・HERO フェザーマン》とした場合、攻撃力はどうなりますか?
  《邪神アバター》だけがフィールドにいるとします。(攻撃力100)

  1. 《邪神アバター》がこのカードで《E・HERO フェザーマン》の名前を得る。(この時点で《邪神アバター》ではなくなる)
  2. 《邪神アバター》以外で最高攻撃力を持つのは、「《邪神アバター》ではなくなり《E・HERO フェザーマン》となった自身」である。
  3. 攻撃力100に+100して200になる。
  4. 処理の結果、最高攻撃力を持つのは「《邪神アバター》ではなくなり《E・HERO フェザーマン》となった自身」である。
  5. 攻撃力200に+100して300になる。

  これを延々とリピートすることになりますか?
A:この場合は100になります。(10/08/14)

Q:モンスタートークン《E・HERO ネオス》とした場合、そのモンスタートークンコンタクト融合に使用できますか?
A:モンスタートークンデッキに戻せないので、コンタクト融合には使用できません。(08/03/05)

Q:デッキからE・HERO墓地へ送る行為は、発動コストですか?
A:いいえ。カードの効果によって墓地に送ります。(08/03/06)

Q:このカードの効果によってカード名を変更されたモンスターフィールド上を離れた場合、カード名リセットされますか?
A:はい。フィールド離れた場合、変更されたカード名は元に戻ります。(08/05/18)

Q:《マクロコスモス》適用中に発動カード除外されたとき、カード名変更処理は発生しますか?
A:墓地へ送る事が出来なかったため、カード名は変更されません。(10/09/04)

Q:《E・HERO ネオス》のみがフィールドにいる時、このカード《E・HERO ネオス》墓地に送れますか?
A:いいえ、墓地に送れません。(14/01/18)

Q:効果処理時に対象に選択したモンスターフィールド上に表側表示で存在しなくなった場合、デッキから「E・HERO」を墓地に送る処理を行ないますか?
A:はい、その場合でも墓地に送る処理を行ないます。(14/02/10)

Q:この効果墓地へ送ったモンスター同名カードとして扱う場合、元々のカード名としては扱われなくなりますか?
A:はい、変更前のカード名としては扱われません。(13/02/20)

Q:この効果墓地モンスターを送る処理と同名カードになる処理は同時に行う扱いですか?
A:はい、同時扱いです。(14/07/30)

Q:《N・マリン・ドルフィン》《E・HERO ネオス》とした場合、《N・アクア・ドルフィン》として扱わなくなりますか?
A:はい、《E・HERO ネオス》としてのみ扱います。(15/01/24)

Q:《超重荒神スサノ−O》《E・HERO ネオス》とした場合、超重武者として扱わなくなりますか?
A:いいえ、《E・HERO ネオス》かつ超重武者として扱います。(15/01/23)

Q:《ハーピィ・ハーピスト》《E・HERO ネオス》とした場合、《ハーピィ・レディ》として扱わなくなりますか?
A:はい、《E・HERO ネオス》としてのみ扱います。(15/01/22)


Tag: 《ヒーロー・マスク》 魔法 通常魔法

広告