《ヒーローアライブ/A Hero Lives》

通常魔法
(1):自分フィールドに表側表示モンスターが存在しない場合、
LPを半分払って発動できる。
デッキからレベル4以下の「E・HERO」モンスター1体を特殊召喚する。

 PREMIUM PACK 13で登場した通常魔法
 ライフ半分をコストデッキからE・HERO下級モンスター特殊召喚する効果を持つ。

 決して軽くない発動条件コストを持つが、召喚権を使わずにE・HEROを展開できる。
 1ターンキルが珍しくなく、とにかく手の早さが求められる現在の環境において、こうした速効性は評価できる。
 重いライフコストも裏を返せばどれほどライフが減っていても発動できるという事であり、終盤の逆転につながる可能性もある。
 サーチカードである《E・HERO エアーマン》《E−エマージェンシーコール》に比べて制約の厳しさは目立つが、その分これら以上の働きをする事も珍しくないだろう。
 《ミラクル・フュージョン》《超融合》のように強力ではあるが手札融合ができない融合カードが増えている事、このカードリクルートしたモンスターと続けて通常召喚したモンスターとで行えるエクシーズ召喚に繋げられることから有用性が上がっている。

 特殊召喚する候補としては、《E・HERO エアーマン》《E・HERO シャドー・ミスト》が筆頭に上がる。
 《E・HERO エアーマン》の場合は続けてサーチしたモンスター通常召喚すれば、融合召喚エクシーズ召喚等と様々な展開が期待できる。
 《E・HERO シャドー・ミスト》チェンジサーチできるので、そのまま《M・HERO ダーク・ロウ》《M・HERO 闇鬼》を特殊召喚できる。
 単純な攻撃力を求めて《E・HERO アナザー・ネオス》を選択したり、手札カードを一通り使い切った後に《E・HERO バブルマン》でのドローを狙うというのも有効である。

 HERO関連デッキとして、【コンタクト融合】でも活躍する。
 ライフコスト《E・HERO エアー・ネオス》攻撃力上昇に役に立ち、デッキから《E・HERO プリズマー》リクルートすればそのままコンタクト融合《スペーシア・ギフト》発動ができる。
 《E・HERO エアー・ネオス》と相性の良い《活路への希望》と併用する事で、ドローしながらライフポイントを減らす事も可能。

 HERO関連デッキ以外でも、《E・HERO プリズマー》融合する・融合素材墓地へ送るといった戦術のために採用されることがある。
 たとえば【剣闘獣】では、このカード《E・HERO プリズマー》特殊召喚してカード名《剣闘獣ベストロウリィ》にし、手札から別の剣闘獣召喚すれば、1ターン《剣闘獣ガイザレス》特殊召喚できる。
 【Bloo−D】においても《E・HERO エアーマン》特殊召喚することで、リリース要員を揃えるための通常召喚権を残しつつ《D−HERO Bloo−D》サーチを行えるため相性がいい。

  • 日本語名の「アライブ」とは「alive(生きている)」で「ヒーローは生きている(生きているヒーロー)」、もしくは「arrive(到着)」で「ヒーロー見参」のような意味と思われる。
    英語名では「A Hero Lives(ヒーローは生きている/ヒーローは死なない)」という、文章のカード名にされている。
  • Dチーム・ゼアルの「カイトvsフュージョン・マスク」戦において、フュージョン・マスクの最初の手札に存在しているのが確認できる。

関連カード

自分フィールドモンスターが存在しない場合にデッキからモンスターリクルートできるカード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:効果解決時モンスター表側表示で存在する場合、特殊召喚する効果適用されますか?
A:はい、適用され特殊召喚されます。(10/12/19)


Tag: 《ヒーローアライブ》 魔法 通常魔法

広告