《フェアリー・チア・ガール/Fairy Cheer Girl》

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/光属性/天使族/攻1900/守1500
天使族レベル4モンスター×2
このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
デッキからカードを1枚ドローする。
「フェアリー・チア・ガール」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

 LORD OF THE TACHYON GALAXYで登場した光属性天使族エクシーズモンスター
 エクシーズ素材を取り除くことでドローする起動効果を持つ。

 展開力が低めなレベル4の天使族を揃えるのは難しいため、【天使族】【光属性】デッキでもある程度狙った構築が要求される。
 《レスキューラビット》《予想GUY》《デュナミス・ヴァルキリア》《ハープの精》リクルートしたり、《幻奏の歌姫ソロ》を併用したりすればエクシーズ召喚しやすい。
 【光天使】【雲魔物】【幻奏】等であれば、エクシーズ素材が並びやすい。

 攻撃力下級アタッカー程度ではあるが、ドローにより、アドバンテージを獲得できる。
 《エクシーズ・リボーン》蘇生させることでボード・アドバンテージはプラス1となる。
 特にこのカード種族が同じ《光神テテュス》を合わせればドローを加速させるコンボも狙える。
 ランクアップ先の《CX ダーク・フェアリー・チア・ガール》手札に関係する効果であり、ディスアドバンテージを軽減しやすい。

 【パーミッション】系のデッキではドローによりカウンター罠等を補充できるため、守りやすく、2枚のドローも狙える。
 同様にドローできる《ダイガスタ・エメラル》と比較すると、縛りはあるものの効果発動条件が緩く単純にドローソースとして扱うならあちらよりも使いやすい。

 しかし、仮に出せたとしても、ハンド・アドバンテージしか稼げず、相手に干渉できないのは痛い。
 守れるカードがなければ他のランク4の方がこのカードより安定することも多い。
 また出せるデッキの都合上属性がほぼ統一されやすいため、《輝光子パラディオス》の存在も考慮する必要がある。
 《一族の結束》を使用する場合は攻撃力不足を補いやすいため扱いやすくなる。

 【天使族】ならば他の組み合わせも豊富なので、選択肢の1つとして十分に考慮できる。

  • 「チアガール」とは、スポーツにおける応援チームの女性のことをさす和製英語である。
    ちなみに、男性はチアマンとなる。
  • また、ユートの回想シーンでは別の人物が使用しているのが確認できる。

関連カード

エクシーズ素材にできるレベル4の天使族モンスター

―自身の効果レベルの変更が可能な天使族モンスター

―自身の効果レベル4・天使族になれるモンスター

収録パック等


Tag: 《フェアリー・チア・ガール》 エクシーズモンスター 効果モンスター モンスター 特殊召喚モンスター エクストラデッキ ランク4 光属性 天使族 攻1900 守1500

広告