《フォーマッド・スキッパー》

効果モンスター
星1/光属性/サイバース族/攻   0/守   0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
EXデッキのリンクモンスター1体を相手に見せる。
このターンにリンク召喚する場合、このカードは見せたモンスターと同じカード名・種族・属性の素材としても扱える。
(2):このカードがリンク素材として墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキからレベル5以上のサイバース族モンスター1体を手札に加える。

 LINK VRAINS BOXで登場した光属性サイバース族下級モンスター
 リンク素材とする場合にエクストラデッキリンクモンスターと同じステータスとして扱える起動効果リンク素材となった場合にレベル5以上のサイバース族サーチする誘発効果を持つ。

 (1)は、リンク召喚を行う場合にカード名種族属性を変更して素材にできる効果
 リンク素材縛りを突破するために使う事になるだろう。
 ただし、リンク素材カテゴリ属性を指定しているリンクモンスターは、そのモンスター効果カテゴリ属性専用になっている場合が多く、このカードリンク素材にしてもその効果が活用できない場合も多い。
 また、殆どのリンクモンスターは「同条件のモンスター2体以上」というリンク素材を指定しており、このカードを使って1体分の素材を賄っても、もう1体分の素材を別に用意する必要がある。
 《転生炎獣ヒートライオ》効果の獲得条件を満たすのには利用できる。

 リンク1のモンスターには、このカード1体のみでリンク召喚できるものも何体か存在する。
 ただ、現状ではリンク1の層の薄さもあり、実際にこの効果を活用する意義のあるものは限られている。
 《トロイメア・マーメイド》とは相性が良く、(2)の効果サーチしたサイバース族トロイメアリンクモンスター手札コストとして活用できる。
 閃刀姫リンクモンスターリンク素材にできるモンスターが少ないためこのカードリンク召喚できる確率を上げるのも良い。

 (2)は、リンク素材として墓地へ送られた場合にレベル5以上のサイバース族サーチする効果
 特殊召喚が容易な《サイバース・ホワイトハット》などをサーチすれば、次の展開に繋げることができる。

 【サイバース族】で採用することを考えた場合、(1)の効果を使ってまでリンク召喚したいリンクモンスターは特におらず、(2)の効果をメインとして使う事になるか。
 《デグレネード・バスター》とは相性が良く、墓地へ送られたこのカードコストにあちらを特殊召喚できる。

  • 名前は英語の「フォーマット(format)」と「マッドスキッパー(mudskipper)」だろう。
    フォーマットは「仕様」「(パソコンの)初期化」を、マッドスキッパーは魚の「トビハゼ」を意味する。

関連カード

メインデッキに入るレベル5以上のサイバース族

レベル

レベル

レベル

レベル

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:《フォーマッド・スキッパー》の(1)の効果《閃刀姫−カガリ》を見せ、その《フォーマッド・スキッパー》を素材として《閃刀姫−カガリ》リンク召喚できますか?
A:《閃刀姫−カガリ》リンク召喚の条件は、『炎属性以外の「閃刀姫モンスター1体』です。
  よって、属性カード名炎属性《閃刀姫−カガリ》としても扱える《フォーマッド・スキッパー》1体をリンク素材に、炎属性《閃刀姫−カガリ》リンク召喚できません。(18/07/18)

Q:《フォーマッド・スキッパー》の(1)の効果《星杯神楽イヴ》を見せ、その《フォーマッド・スキッパー》と効果を適用していない《フォーマッド・スキッパー》を素材として《星杯神楽イヴ》リンク召喚できますか?
A:自身の効果水属性魔法使い族として扱える《フォーマッド・スキッパー》と、光属性サイバース族の《フォーマッド・スキッパー》の2体であれば、『種族属性が異なるモンスター2体』です。
  よって、その2体で《星杯神楽イヴ》リンク召喚する事はできます。(18/07/18)


Tag: 《フォーマッド・スキッパー》 効果モンスター モンスター 星1 光属性 サイバース族 攻0 守0

広告