《フォトン・リード/Photon Lead》

速攻魔法
手札からレベル4以下の光属性モンスター1体を表側攻撃表示で特殊召喚する。

 PHOTON SHOCKWAVEで登場した速攻魔法

 手札から下級モンスターを展開するために魔法カードを1枚使用するのは消費が大きい上、他の属性上級モンスターに対応する《二重召喚》の方が汎用性が高い。
 《二重召喚》に比べると同一ターン内に複数枚使用できるが、この利点はあくまで限定的である。
 《聖鳥クレイン》などの効果発動特殊召喚を要求するカードを活かすにしても、《ゴブリンドバーグ》《ブリキンギョ》の方が使い勝手が良い点は否めない。

 他のカードに無い利点として、速攻魔法ゆえに好きなタイミングで特殊召喚できる点がある。
 【エレキ】では《エレキングコブラ》サーチした同名カードをすぐさま特殊召喚し、追撃によってさらにサーチが行えるため、ディスアドバンテージを帳消しとした上でエクシーズ召喚などに繋げられる。
 2体の《エレキリギリス》を用いたロックは非常に高い強度をもつため、ディスアドバンテージを受け入れてでも完成させる価値はある。
 光属性には《ライオウ》《昇霊術師 ジョウゲン》などの優秀なメタカードが存在するため、相手カードチェーンしたり、シンクロ召喚エクシーズ召喚を予想して発動したりすることで、相手の展開を遅らせることができる。
 《異次元の女戦士》《魔鏡導士リフレクト・バウンダー》アタッカーとして活躍が期待できる。

 それ以外にもバトルフェイズの追撃や全体除去への切り返しなどにも利用できる。
 光属性を主軸とするデッキは豊富なため、採用できる場は多いが、上記のどのカードと相性が良いかを検討し、上手く使い分けていきたい。

  • 原作・アニメにおいて―
    漫画・アニメZEXALの「遊馬vsカイト」(1戦目)においてカイトが使用。
    《デイブレーカー》特殊召喚し、複数展開へと繋げた。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《フォトン・リード》 魔法 速攻魔法 フォトン

広告