《フルハウス/Full House》

通常罠
このカード以外のフィールド上に表側表示で存在する魔法・罠カード2枚と、
セットされた魔法・罠カード3枚を選択して発動できる。
選択したカードを破壊する。

 EXTRA PACK 2012で登場した通常罠
 合計5枚の魔法・罠カード破壊する効果を持つ。

 相手カードだけで発動条件を満たすのは厳しいので、何枚かは自分カード破壊する事になる。
 アドバンテージの観点から言えば、自分カードは2枚までに抑えたいところ。
 表側表示セットかを区別するのは発動時のみなので、《強欲な瓶》《サイクロン》などの自分魔法・罠カード発動チェーンし、それらを「表側表示カード」に選ぶことによりディスアドバンテージの緩和もできる。
 《ゴブリンのやりくり上手》チェーンして発動し、破壊すれば《非常食》と同様のコンボになる。
 《歯車街》等の、破壊される事により発動する効果を持つ魔法・罠カードを使うのも良い。

 【墓守】【ドラグニティ】等、永続カードを多用するデッキ相手なら、発動条件を満たしやすく、アドバンテージも得やすい。
 逆にそうでなければ発動条件を満たしづらく、自分カードも巻き込みやすくなる。
 相手を選ぶ、サイドデッキ向けのカードと言えるだろう。
 ペンデュラムゾーンカード破壊して張り替えることも可能なのでペンデュラムモンスターの登場後は有用性が上昇した。

 多数の魔法・罠カードセットし、それを破壊する【アーティファクト】でなら採用の価値有り。
 発動できれば大きなアドバンテージを得られる可能性が高い。
 上記にある通り、ペンデュラムゾーンペンデュラムモンスター破壊すれば例え5枚全てが自分カードだったとしてもアドバンテージを得やすい。

 相手ターン限定ではあるが、《クマモール》と組み合わせれば、相手魔法・罠カードのみの破壊を狙える。

関連カード

―ポーカーの役関連

収録パック等

FAQ

Q:対象に選択したカードの内1枚がフィールド上に存在しなくなった場合でも、残りの選択したカード破壊されますか?
A:はい、破壊されます。(12/10/13)


Tag: 《フルハウス》 通常罠

広告