《ブラック・ボンバー/Black Salvo》

チューナー(効果モンスター)
星3/闇属性/機械族/攻 100/守1100
このカードが召喚に成功した時、
自分の墓地から機械族・闇属性・レベル4のモンスター1体を選択して
表側守備表示で特殊召喚できる。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。

 CRIMSON CRISISで登場した闇属性機械族下級モンスターチューナー
 墓地から闇属性機械族レベルモンスター特殊召喚する誘発効果を持つ。

 蘇生対象は狭いが自身がチューナーであるため、召喚に成功しただけでアドバンテージを失わずレベル7のシンクロ召喚を狙える。
 リセット効果を持つ《ブラック・ローズ・ドラゴン》や強力なバウンスを行える《月華竜 ブラック・ローズ》をはじめ、豊富なモンスターが揃う。
 《ブラック・ローズ・ドラゴン》全体除去後、墓地が肥えることを利用し《オーバーロード・フュージョン》で勝負を決める事も可能。
 《黄泉ガエル》モンスタートークン《ボルト・ヘッジホッグ》も併用すれば、シンクロモンスターにさらに幅を出せる。
 《ジェネクス・ニュートロン》サーチでき、《ダーク・バースト》サルベージできる利点も持つ。
 ただし攻撃力が非常に低いため、特殊召喚したモンスター除去されたり、効果無効にされたりすると、このカードのみが無防備に残されてしまう危険があるため注意したい。

 蘇生対象になるモンスターは少ないが、シンクロ素材以外に活躍するモンスターも存在する。
 下級サイバー・ダークが全て蘇生対象になるため、【サイバー・ダーク】での活躍が見込めるモンスターである。
 《ブラック・ローズ・ドラゴン》《ダーク・バースト》【サイバー・ダーク】シナジーがある。
 全体除去後、《サイバーダーク・インパクト!》等で《鎧黒竜−サイバー・ダーク・ドラゴン》特殊召喚し、効果墓地に落ちた《ブラック・ローズ・ドラゴン》を装備することで大ダメージを狙える。
 他面、手札消費を抑えつつレベル7のシンクロ召喚が可能な特長に加え、《ブラック・ボンバー》と下級サイバー・ダーク《タンホイザーゲート》にも対応するため、ランク7のエクシーズ召喚も見込み易くなる。
 《スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》融合召喚するのもいだろう。

 また蘇生できるモンスターには5体のA・O・Jも含まれている。
 【A・O・J】でこのカードからの《ブラック・ローズ・ドラゴン》シンクロ召喚を切り札感覚で使う事ができ、他にも属性種族指定のシンクロモンスターを簡単に出せる。
 このデッキでは貴重な展開手段なので、できるだけ採用したい。

 【機皇】では、《ブラック・ローズ・ドラゴン》全体除去から機皇帝特殊召喚に繋げる事ができる。
 それ以外にも、《カラクリ将軍 無零》シンクロ召喚してモンスター表示形式を変更し、モンスターで粘られると膠着状態に陥りやすい《機皇帝ワイゼル∞》《機皇帝スキエル∞》をサポートできる。

  • 英語名の「Salvo」は「激しく、一斉に」という意味で、転じて爆弾や爆発を指す言葉としても使われる。
    また、軍事用語としても「一斉射撃」「一斉投下」といった意味を持つ。
    《A・ボム》にも使われているため、英語名では使えない「Bomb」の代わりなのだろう。
  • 「遊星vsハイトマン」戦で遊星が使用した通常罠《チューナーズ・ボム》のイラストに描かれている。

関連カード

―《ブラック・ボンバー》の姿が見られるカード

効果対象となるレベル4・闇属性機械族モンスター

A・O・J

ジェネクス

通常モンスター

―上記以外の効果モンスター

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:対象をとりますか
A:墓地モンスター対象に取って発動する誘発効果です。
  特殊召喚したモンスター対象に取り続ける効果ではありません。(12/08/11)


Tag: 《ブラック・ボンバー》 チューナーモンスター 効果モンスター モンスター 星3 闇属性 機械族 攻100 守1100

広告