《ブラッド・ヴォルス/Vorse Raider》

通常モンスター
星4/闇属性/獣戦士族/攻1900/守1200
悪行の限りを尽くし、それを喜びとしている魔獣人。
手にした斧は常に血塗られている。

 遊戯王デュエルモンスターズ4 最強決闘者戦記 付属カードで登場した闇属性獣戦士族下級モンスター

 同じレベル獣戦士族通常モンスターとしては、攻撃力で上回る《ジェネティック・ワーウルフ》や、カテゴリに属する《剣闘獣アンダル》が存在する。
 ただこちらは上記条件を満たす中で唯一の闇属性であり、これを活用する事で差別化は容易。
 《レスキューラビット》から《魁炎星王−ソウコ》《ヴェルズ・タナトス》とを使い分けられ、自分相手に影響をおよぼすモンスター効果の両方に対応する事ができる。
 《魁炎星王−ソウコ》と、これによってサーチできる炎舞によって《ジェネティック・ワーウルフ》より攻撃力が落ち、対応範囲が狭まるといった影響も生じにくい。

 もっとも、上記の《ヴェルズ・タナトス》の役割自体は、タイムラグがあって期間も限定されるとはいえ《炎舞−「天権」》でカバーできなくもない。
 《魁炎星王−ソウコ》を積極的に活用するならば、これ自体をエクストラデッキに複数積む事も多いので、実際にどのような相手を想定するかよく考慮して採用する必要がある。
 これは同じエクシーズ素材を指定する《ヴェルズ・ナイトメア》《No.66 覇鍵甲虫マスター・キー・ビートル》も同様。

 闇属性指定のエクシーズ素材になるだけでなく、炎舞適用下では《魔のデッキ破壊ウイルス》に利用できるというメリットも持つ。
 《炎舞−「天キ」》1枚でコストを調達できる、というのは単純に考えて《増援》に対応する戦士族デメリットアタッカー以上の適性を持つと言える。
 《レスキューラビット》経由だと自壊こそするが、上記の《ヴェルズ・タナトス》《No.50 ブラック・コーン号》へのエクシーズ召喚ならば継続してリリースを確保し、発動の機会を伺う事が可能。
 《炎舞−「天キ」》デッキからのサーチなため多少は食い合う要素になるが《炎舞−「天枢」》手札からのフォローも可能な点も含め、多角的に《魔のデッキ破壊ウイルス》発動を狙えるメリットのほうが大きい。
 《ライオウ》《フォトン・スラッシャー》《御前試合》といったカードの影響は考慮する必要があるものの、メインデッキサイドデッキ問わず《魔のデッキ破壊ウイルス》の利用を考えるならば、《ジェネティック・ワーウルフ》より優先させる価値は十分にある。

 《イグザリオン・ユニバース》《TG ワーウルフ》等と併用し、《闇の誘惑》など他の闇属性サポートカードを組み込むのも面白いだろう。

  • 常に血塗られた斧を所持しているそうだが、イラストの武器は血液どころか曇り一つない綺麗な武器である。
  • アニメでの初登場時には「殺りくの魔獣人」と海馬に呼ばれていた。
  • 遊戯王Rの「vsウィラー・メット」戦でも登場している。
  • 「翔&剣山vs氷丸&雷丸」戦で剣山が使用した魔法カード《逆転の宝札》、「十代vsヨハンvs藤原」戦においてヨハンが使用した罠カード《ダメージ・キャプチャー》のイラストに描かれている。
  • アニメARC-Vの126話において、赤馬零王がリアルソリッドビジョンに関する話をしている際の回想シーンで、その姿が登場している。
    なお、この時登場したのは体や衣装などが鬼柳が使用したものと同じ色の方である。
  • 漫画5D'sの「遊星vsジャック」戦において遊星が使用した永続罠決闘鉄鎖(グラップル・チェーン)》のイラストに描かれている。
  • コナミのゲーム作品において―
    ゲーム作品ではこのカードが封入されていたDM4で初登場したが、この時はOCGとはテキストが異なっていた。
    「暗黒パワーで全てのものを切り裂いてしまうほどの力を持っている」と書かれている。
    また、イラストの配色がOCGとは異なっており、上記のアニメ5D's版に近いイラストとなっている。
    DM8においては、文字が入りきらなかったらしくテキストの後半部分がカットされている。
  • 最強カードバトル!では海馬、ストロング十九、ダーク黒田が使用する。
    うち、海馬、ストロング十九には専用ボイスも搭載されている。

関連カード

リメイクモンスター

―《ブラッド・ヴォルス》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《ブラッド・ヴォルス》 通常モンスター モンスター 星4 闇属性 獣戦士族 攻1900 守1200

広告