《ブレイドナイト/Blade Knight》

効果モンスター
星4/光属性/戦士族/攻1600/守1000
(1):自分の手札が1枚以下の場合、このカードの攻撃力は400アップする。
(2):自分フィールドにこのカード以外のモンスターが存在しない場合、
このカードが戦闘で破壊したリバースモンスターの効果は無効化される。

 Vジャンプ(2002年7月号) 付属カードで登場した光属性戦士族下級モンスター
 自分手札枚数を参照して攻撃力自己強化する永続効果自分フィールドの状況次第で戦闘破壊したリバースモンスター効果無効にする永続効果を持つ。

 (1)の自己強化効果適用できれば、攻撃力2000になる。
 しかし、サーチ手段は《E・HERO アナザー・ネオス》と比べると少なく、手札1枚以下という条件も《フォトン・スラッシャー》のような手軽に使えるモンスターに比べると使いにくい。

 (2)のリバースモンスターメタを張る効果は、(1)の効果と折衷する事で《ヴェルズ・アザトホース》といった、高守備力カードへの対抗手段になる。
 採用率が高いリバースモンスターは低守備力が多いため、元々の攻撃力のままでも大きな問題は無い。
 しかし、裏側守備表示モンスター除去手段としては、下準備やダメージ計算を行う必要が無い《サーチ・ストライカー》等に劣る。
 無効対象リバースモンスターに限られるのも厳しい。
 他にモンスターがいない場合という条件もかみ合わせが悪く、大抵はこちらが押されている状況なので、リバースモンスターがいる状況は少ない。

 総じて種族属性に恵まれ効果も悪くはないが、ライバルが多すぎて採用し辛い。
 だが、シャドール効果破壊時の効果も持ち合わせる厄介なリバースモンスターも増えているため、手札を減らしやすいデッキに投入してみるのも手か。

  • 原作・アニメにおいて―
    「バトルシティ編」における「バトルロイヤル」にて海馬が使用。
    マリクと城之内に直接攻撃を決める活躍を見せた。
    なお、原作でのイラストOCG《カオス・ソルジャー》によく似た横からの構図である。
    攻撃名は「ブレイド・アタック」。
  • アニメ5D's第27話において、ストリートのデュエリストが使用しているのが確認できる。
    また、「遊星vsジャック」(1戦目)において遊星が使用した罠カード《反撃の狼煙》のイラストに描かれている。
    このイラストからして、彼もフリード《連合軍》の1人なのだろうか。
  • コナミのゲーム作品において―
    DM8では、強化値は一律攻守500アップだったため、自分手札が1枚以下の場合、攻守500アップとなり、OCG効果上位互換と言える効果を持っていた。
    OCGの2つ目の効果は、リバース効果自体がシステム上存在しないため、持っていなかった。

関連カード

―《ブレイドナイト》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:このモンスター《ニュート》、このモンスター《ペンギン・ナイトメア》の関係はどうなっていますか?
A:《ニュート》戦闘破壊した場合は「リバースした時の効果」「戦闘破壊された時の効果」両方を無効にし、《ペンギン・ナイトメア》戦闘破壊した場合は、《ペンギン・ナイトメア》効果無効にできません。(14/04/07)


Tag: 《ブレイドナイト》 効果モンスター モンスター 星4 光属性 戦士族 攻1600 守1000

広告