《プチトマボー/Cherry Inmato》

チューナー(効果モンスター)
星2/闇属性/植物族/攻 700/守 400
このカードが戦闘によって破壊され墓地へ送られた時、
デッキから「トマボー」と名のついたモンスターを2体まで特殊召喚できる。
このターン、この効果で特殊召喚したモンスターはシンクロ素材にできない。 

 THE SHINING DARKNESSで登場した闇属性植物族チューナー
 自身が戦闘破壊された時に、トマボーモンスターデッキから2体まで特殊召喚する誘発効果を持つ。

 相手ターン戦闘破壊された場合、《トマボー》同名カードリクルートすることで、次の自分ターンレベル5のシンクロモンスターシンクロ召喚できる。
 また、一応《トマボー》効果発動できる状況が整う。
 バトルフェイズ中の展開であり普通に狙うよりは発動チャンスがあると言える。

 以上のようにリクルート対象自体をそのまま活躍させるのは中々難しいのだが、一般的なリクルーターと違い表示形式を問わず2体展開できることはコストとしては非常に便利である。
 チューナー特殊召喚でき、複数回効果の発動を狙える点では《素早いモモンガ》をも凌駕する。
 《ポリノシス》の欠点であるフィールド上のモンスターがいなくなりやすいという点が克服され、ある程度気軽に扱えるようになる。

 特殊召喚されたターンシンクロ素材使用できないため、自爆特攻からの展開によるシンクロ召喚は行えない。
 しかしそれ以外には制限が無いため、手札に来た《椿姫ティタニアル》等のリリース確保としても使ったり、エクシーズ召喚には使える。
 闇属性サポートを共有でき、ランク2のエクシーズ召喚に長けた【マリスボラス】では、シンクロ素材エクシーズ素材のどちらにも使い分けできるので相性が良い。
 その他、《キラー・トマト》から繋げば9枚のデッキ圧縮墓地肥やしができる。

 自爆特攻などでこのカード1枚から最大3体まで展開が可能なため、《D−HERO Bloo−D》等の召喚を狙うことも可能。
 また、シンクロ素材にできないのは特殊召喚されたターンのみなので、次の自分ターンまで耐えるか《緊急同調》を使うことで最大レベル8のシンクロモンスターを呼び出せる。
 エクシーズ素材とする場合は制限がないので、自爆特攻からランク2、3のエクシーズモンスターを出すこともできる。

  • 原作・アニメにおいて―
    アニメZEXALの「遊馬vs矢最豊作」戦において豊作が使用した永続魔法《カタパルトマト》及び速攻魔法《トマトマトリクス》のイラストに描かれている。
    • アニメARC-Vの「遊矢vsシンジ」戦において遊矢が使用した通常魔法《ギャップ・パワー》のイラストに描かれている。
  • コナミのゲーム作品において―
    《トマボー》の元ネタと思しき「トマ坊」は、近所のトマト少年達のリーダー的な存在とされている。
    イラストで手前に写っているのが、その近所のトマト少年達(プチトマボー)なのだろう。

関連カード

効果イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:誘発効果です。(10/12/09)

Q:《プチトマボー》の効果は、自分デッキに「トマボー」と名のついたモンスターが1枚しかない場合でも発動できますか?
A:デッキに「トマボー」と名のつくモンスターが1体しか存在しない場合でも、《プチトマボー》の効果発動する事ができます。(11/01/02)


Tag: 《プチトマボー》 チューナーモンスター 効果モンスター モンスター 星2 闇属性 植物族 攻700 守400 トマボー

広告