《プラチナ・ガジェット》

リンク・効果モンスター
リンク2/光属性/機械族/攻1600
【リンクマーカー:左下/右下】
機械族モンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
このカードはリンク召喚されたターンにはリンク素材にできない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
手札からレベル4以下の機械族モンスター1体をこのカードのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。
(2):このカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
デッキからレベル4の「ガジェット」モンスター1体を特殊召喚する。

 Vジャンプ(2019年1月号) 付属カードで登場する光属性機械族リンクモンスター
 リンク素材とする際制限のかかる効果外テキストレベル4以下の機械族リンク先特殊召喚する効果破壊された場合にレベルガジェットリクルートする効果を持つ。

 機械族2体をリンク素材に指定している。
 出し方については同じ指定の《クリフォート・ゲニウス》と共通する。

 リンク召喚されたターンにはリンク素材にできないデメリットがある。
 そのため、リンク召喚後に別のリンク素材に使えず、フィールドに残ることになる。
 攻撃対象にされ戦闘ダメージを受ける可能性がある他、エクストラモンスターゾーンに出したこのカードを処理できず、展開を阻害する可能性がある。
 状況によっては自分カードの効果破壊するのも手か。
 融合素材には使えるため、《キメラテック・メガフリート・ドラゴン》などの素材にして処理することも考えられる。

 なお、この制約はリンク召喚されているこのカード、かつリンク召喚されたターン限定である。
 そのため、リンク召喚後に破壊蘇生した後ならリンク素材に使える。
 また、自分ターンリンク召喚後、相手ターン《星遺物からの目醒め》リンク召喚することもできる。

 (1)はリンク先手札から特殊召喚を行う効果
 上述のデメリットにより、そのままリンク3のリンクモンスターにつなげることはできない。
 モンスター効果発動できるので、《レッド・ガジェット》などの特殊召喚に成功した時の効果を持つモンスター特殊召喚アドバンテージを得ていくのが基本的な動きとなる。
 機械族レベル4以下なら何でもよく、展開手段が必要な【機械族】にこの効果目当てで採用を検討できる。
 例えば、【ABC】においては《B−バスター・ドレイク》サーチしたユニオン特殊召喚し、《ABC−ドラゴン・バスター》につなぐといった動きが可能。

 (2)は破壊された場合のリクルート効果
 被破壊時なので受動的だが、リンク素材への制限のためフィールドに残りやすく除去は受けやすい。
 こちらもやはり《レッド・ガジェット》などが狙い目となるだろう。
 自分カードの効果破壊した場合でも使えるため、エクストラモンスターゾーンを空けつつリンク素材を出す運用も狙える。
 《古代の機械射出機》の(2)の効果を使う場合などでも役立つだろう。

関連カード

収録パック等


Tag: 《プラチナ・ガジェット》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク2 光属性 機械族 攻1600 ガジェット

広告