《ヘル・テンペスト/Inferno Tempest》

速攻魔法
3000ポイント以上の戦闘ダメージを受けた時に発動する事ができる。
お互いのデッキと墓地のモンスターを全てゲームから除外する。

 PREMIUM PACK 7で登場した速攻魔法
 特定の戦闘ダメージを受けた時、お互いデッキ墓地モンスターを全て除外する効果を持つ。

 相手デッキ構成に依存する部分もあるが、凄まじい爆発力を誇るデッキ破壊カードである。
 手札フィールド上に存在するモンスターには影響がないものの、それらを処理してしまえば、相手除外利用カードを使用しない限りモンスターを出せなくなる。
 こちらはデッキに対処用のカードを事前に投入できるので、自分も被害を受けてしまう点は比較的フォローが効く。
 特に【フルモンスター】相手だと、一瞬で相手デッキを完全に破壊し尽くす恐ろしいカードと化す。

 しかし、発動条件はそれ相応に厳しく、たとえ自分フィールドを空けたとしても3000以上の攻撃力直接攻撃してくれる保証はどこにもない。
 相手に依存するには無理があるため、自分から何らかのカードで補助して満たしに行くことが基本となる。
 特定の攻撃力を持つ相手モンスター攻撃時にコンバットトリックを使うのもいい。
 《トーチ・ゴーレム》は1枚で能動的に発動条件を満たせるため相性がいい。
 《BK ベイル》は損失したライフ回復でき、発動までの時間稼ぎにも使えるためぜひ併用したい。

 【トーチ・テンペスト】ではこのカードと相性が良い《トーチ・ゴーレム》を使用する事で、容易にデッキ破壊を行うことができる。
 ただし、手札フィールド上のモンスターは残ったままなので他のカードで対処したい。
 他には、《ギブ&テイク》を用いて守備力3000のモンスター送りつけてもよい。
 手軽さでは《トーチ・ゴーレム》に劣るが、召喚権を無くさずに展開でき、攻撃役のモンスター戦闘破壊させずに残す事ができるのがメリットである。
 《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》攻撃力3000以上の壊獣モンスターであれば、相手フィールド上のモンスター除去しながら送りつけることができる。

 大量にカード除外するため《魂吸収》と相性が良く、大幅にライフ回復ができる。
 【ヘル・サターン1キル】ではライフポイントバーンダメージ強化する《裁きの代行者 サターン》を使用することで1ターンキルが狙える。
 また、《裁きの代行者 サターン》を補助するために、天使族サポート代行者も採用したい。
 同様に《混沌空間》とも相性がよく、相手フィニッシャー級の大型モンスターを奪い取って攻撃してしまうことも可能となる。

 このカード相手公開してしまうと狙いが筒抜けになってしまうのが難点。
 ピーピングに対しては各種カウンターカードで止める程度しかなく仕方ない場合もあるが、自分から公開する可能性のあるカードの採用には一考を要する。
 ランダム墓地肥やしを行うカード《強欲で謙虚な壺》のようなサーチカードよりは、ドローソースを多く取り入れた方が情報アドバンテージの面で安全である。
 勿論そういった点を妥協し、可能な限り早く必要なカードを揃えることに徹するのも戦術の一つなので、デッキ構築の段階でよく考えておきたい。

  • 原作・アニメにおいて―
    劇場版『光のピラミッド』においてアヌビスが使用。
    この時はデュエル自体終了していたが、この時カードの効果が現実世界に適用されていたからなのか遊戯や海馬のデッキカードがディスクから飛ばされていく描写がある。
    この時二人のデッキカードが全てなくなっており、魔法罠カードも散らばる描写が見られた。
    また、アヌビスはこのカードと共に《フォール・アウト》なる通常魔法発動させている。

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:相手が3000ポイント以上の戦闘ダメージを受けた場合でも発動できますか?
A:いいえ、このカードコントローラー戦闘ダメージを受けた時のみ発動可能です。

Q:《アマゾネスの剣士》再度召喚済みの《マジック・スライム》《ディメンション・ウォール》効果によって3000以上の戦闘ダメージを受ける際に発動することはできますか?
A:はい、できます。(10/01/11)

Q:自分または相手及びお互い墓地モンスターが存在しない時に発動できますか?
A:はい、できます。(10/06/12)

Q:このカード発動後、自分《次元の裂け目》《墓守の使い魔》発動しました。
  この場合、デッキモンスターが存在しないことが確定していますが、相手攻撃宣言できますか?
A:いいえ、できません。(12/03/07)


Tag: 《ヘル・テンペスト》 魔法 速攻魔法

広告