《ヘル・ポリマー/Chthonian Polymer》

通常罠
相手が融合モンスターを融合召喚した時に発動する事ができる。
自分フィールド上のモンスター1体を生け贄に捧げる事で、
その融合モンスター1体のコントロールを得る。

 ※テキスト中の「生け贄」は「リリース」を指す。

 ELEMENTAL ENERGYで登場した通常罠
 相手融合モンスター融合召喚に成功した時に、自分フィールドモンスターリリースする事で、その融合モンスターを永続的にコントロール奪取する効果を持つ。

 モンスター1体を消費するものの、相手融合モンスターを奪え、相手融合召喚に使ったカード消費があるため、1:1交換以上となるケースもある。
 トークンペンデュラムモンスターコストに使うなどすればこちらの損失もさらに少なくなる。
 融合召喚で出てくるモンスターは高攻撃力のものや、汎用性が高いものも多いため、コントロール奪取したモンスターを利用すればこちらが有利になりやすい。
 墓地融合に対してはカード・アドバンテージは取りにくいものの、融合素材を多数必要とするものを出しやすい関係上、高攻撃力モンスターを狙える場合が多い。

 ただ、融合召喚を行わないデッキに対しては役に立たないため、サイドデッキに入れ、相手に応じて使うことになる。
 シンクロ召喚エクシーズ召喚に対する同系統カードである《調律師の陰謀》《スプラッシュ・キャプチャー》と比べ、奪ったモンスターの制約がなくコストも不特定であるため投入デッキは選びにくい。

 なお、融合召喚にしか対応していないので、融合モンスター蘇生帰還はもちろん、融合呪印生物《デビル・フランケン》等での特殊召喚チェンジ速攻魔法コンタクト融合《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》等のチェーンブロックを作らない特殊召喚等など抜け穴も多い。
 一方で、《ファーニマル・オウル》《EMトランプ・ウィッチ》などの効果での融合召喚には発動が可能。
 《超融合》融合召喚されたモンスターコントロール奪取できるが、チェーン2以降で発動された場合はタイミングを逃してしまう。

  • 「ポリマー(Polymer)」とは「重合体(化合物)」の事。
    怨念集合体」という意味だろうか。

関連カード

融合モンスターメタ

収録パック等

FAQ

Q:この効果はその融合召喚した融合モンスター1体を対象に取りますか?
A:はい、対象を取ります。(12/03/24)

Q:効果解決時にその融合召喚した融合モンスター裏側表示になった場合、コントロールを奪う効果適用されますか?
A:いいえ、適用されません。(13/07/29)


Tag: 《ヘル・ポリマー》 通常罠

広告