《ヘルフレイムエンペラー/Infernal Flame Emperor》

効果モンスター
星9/炎属性/炎族/攻2700/守1600
このカードは特殊召喚できない。
このカードがアドバンス召喚に成功した時、
自分の墓地に存在する炎属性モンスターを5体までゲームから除外する事ができる。
この効果で除外したモンスターの数だけ、
フィールド上に存在する魔法・罠カードを破壊する。

 ストラクチャーデッキ−灼熱の大地−で登場した炎属性炎族最上級モンスター
 特殊召喚できず、アドバンス召喚に成功した時に炎属性墓地コストフィールド魔法・罠カード破壊できる誘発効果を持つ。

 最上級モンスターであり特殊召喚も不可と非常に重い
 更にアドバンス召喚でないと効果発動できないため《死皇帝の陵墓》などでのサポートもできない点が非常に足を引っ張る。

 アドバンス召喚成功時に魔法・罠除去を行え、最大5枚まで破壊する事ができる。
 しかし、同様の効果を持ったモンスターは非常に多く、同じアドバンス召喚のみで効果適用できる最上級モンスターにも、特殊召喚に制限がなく封殺効果もある《凍氷帝メビウス》がいる。
 さらに【炎属性】で使う場合にも、セット限定だが《鳳凰》が存在する。
 そのため、炎属性表側表示を含むカードを割る手段として採用を考える事となる。

 5枚を除外すれば、伏せカードペンデュラムモンスターのほぼ全てを割る事ができる。
 だが、【炎属性】墓地アドバンテージを重視するデッキはそのための手間をかけてから展開に繋ぐデッキが多く、このカード除外すると本来の動きを阻害してしまったり、このカードアドバンス召喚に割く余裕がなかったりするデッキが多い。
 例えば【ラヴァル】では伏せ除去を使いたいのは《真炎の爆発》の前であり、またそれを使う前にリリースを確保するのも難しい。
 現状このカードリリース要員と除外コストの用意を両立できるようなデッキはほぼなく、採用は難しい。
 強いて言うなら、特殊召喚が容易なアンデット族で統一されていて除外された時の効果を持つ【不知火】との相性が良い。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:このカードの効果は対象をとらない効果ですか?
A:はい、そうです。

Q:テキストに「この効果で」とありますが、墓地炎属性モンスターを除外コストですか?効果ですか?
A:コストです。(11/03/14)

Q:5体の炎属性モンスター除外して効果発動し、効果解決時フィールドに存在する魔法・罠カードが5枚未満になった場合、その魔法・罠カード破壊する事はできますか?
A:いいえ、その場合5枚の魔法・罠カード破壊できませんので、魔法・罠カードを1枚も破壊する事はできません。(14/11/06)


Tag: 《ヘルフレイムエンペラー》 効果モンスター モンスター 星9 炎属性 炎族 攻2700 守1600 特殊召喚不可

広告