《ボタニカル・ライオ/Botanical Lion》

効果モンスター
星4/地属性/植物族/攻1600/守2000
自分フィールド上に表側表示で存在する植物族モンスター1体につき、
このカードの攻撃力は300ポイントアップする。
このカードはフィールド上に表側表示で存在する限り、
コントロールを変更する事はできない。

 ジャンプフェスタ2007 プロモーションカードで登場した地属性植物族下級モンスター
 自身の攻撃力を上昇し、自身のコントロールの変更を封印する永続効果を持つ。

 自身も植物族であるため、このカードの基本攻撃力は1900となり、《ヂェミナイ・エルフ》クラスのアタッカーとして使用できる。
 メインモンスターゾーン全てを植物族にするだけでも、攻撃力は3100となり《青眼の白龍》さえ凌駕する。
 (最大攻撃力は3700。)
 攻撃力守備力が双方とも高い下級モンスターであるため、アタッカーの両方に使える。

 コントロール奪取への耐性は、《精神操作》《トラゴエディア》《ヴェルズ・バハムート》《No.11 ビッグ・アイ》などを防げる。
 ただし【植物族】でも時々使われる《強制転移》送りつけることができない。

 攻撃力上昇効果は、このカードと相性が良いカードが多く存在する。
 《ダンディライオン》墓地へ送ることにより特殊召喚する綿毛トークン2体を並べるだけで攻撃力は2500にも達する。
 守備力の高さからセット状態からの反転召喚も行いやすいため、トークン生成も相まって《ブラック・ガーデン》との親和性も高い。
 植物族は全体的にトークン生成に長け、更には場持ちの良いモンスターも多く、このカードの効果と非常に相性が良い。
 【植物族】では主力アタッカーとして活躍でき、攻撃力効果の性質上、【鎖ビート】とも相性が良い。

 ただ、《ローンファイア・ブロッサム》《増草剤》を擁する【植物族】では《椿姫ティタニアル》等の最上級モンスターアタッカーとすることも多い。
 維持コストがあるものの、基本攻撃力がこのカードと同値で、墓地を肥やす能力を持つ《コアキメイル・グラヴィローズ》も存在する。
 基本的にはやはり植物族を絶やさずフィールドに残せる、トークンや打点強化を行うデッキに投入するのがいいだろう。

  • 「ボタニカル(Botanical)」は英語で「植物学の」を意味する。
    このカードの見た目の「牡丹の花の鬣を持つライオン」と掛けている。
    元ネタは「獅子に牡丹」(取り合わせの良いものの例え)か。
  • 遊戯王ONLINE DUEL EVOLUTIONでは「CHAMPIONSHIP WINTER2008」のベスト8賞品として登場。

関連カード

収録パック等


Tag: 《ボタニカル・ライオ》 効果モンスター モンスター 星4 地属性 植物族 攻1600 守2000

広告