《マインドクラッシュ/Mind Crush》

通常罠
カード名を1つ宣言して発動する。
宣言したカードが相手の手札にある場合、相手はそのカードを全て墓地へ捨てる。
宣言したカードが相手の手札に無い場合、自分は手札をランダムに1枚捨てる。

 SOUL OF THE DUELISTで登場した通常罠
 カード名宣言型の手札破壊カード
 通常魔法《異次元の指名者》相互互換関係にある。

 一見不確定要素の大きい手札破壊カードに見えるが、相手サーチサルベージ後を狙うなど、相手手札にあるカードが分かっている状態で使用すれば1:1交換となる。
 今日ではほとんどのデッキが何らかのサーチ手段を持つため、発動機会に困る事はまずない。
 ピーピング効果を持つウイルス《天変地異》とも相性が良い。
 なお相手手札宣言したカードが複数あれば1:2交換以上になるが、そのようなケースは稀である。

 宣言が外れた場合に自分手札捨てるデメリットがあるが、基本的にサーチ等で手札にある事が明らかなカード宣言するため、失敗する事はほとんどない。
 ただし、このカードの発動《サンダー・ブレイク》《砂塵の大竜巻》等をチェーンされ、宣言したカード手札になくなると、自分手札捨てることになってしまう。

  • 原作・アニメにおいて―
    「マインドクラッシュ」は闇遊戯の罰ゲームの1つであり、「DEATH-T編」において、海馬の悪意に満ちた心を砕いた。
    これにより初期の陰惨な海馬の心は粉砕され、今日知られている傲慢不遜な海馬へと変貌を遂げる。
    原作のマインドクラッシュはこの一度きりだが、アニメではペガサス島でも使われている。
  • アニメGXにおいて、タイタンがデュエルの敗者に向って偽マインドクラッシュを行なった。
    恐らく、ただの催眠術だろう。
  • コナミのゲーム作品において―
    宣言」参照。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:カード名宣言したとき、一字一句でもカード名を間違えると不発に終わりますか?
A:名前を間違えた場合、大会などではジャッジの判断を仰ぐことになります。
  詳しくは「宣言」の項を参照。

Q:テキストには相手手札確認する、およびそれに類する文章がありませんが、どのように処理をすればいいですか?
A:相手手札からカードを捨てた場合は、それで終了です。
  相手手札からカードを捨てず、かつ自分確認を求めない場合は自分手札を捨ててデュエルを進行します。
  相手手札を捨てず、かつ自分確認を求める場合は相手と相談をした上でどのように処理をするかを決めてください。
  プレイヤー間で解決できない場合はジャッジの判断を仰いでください。(16/06/15)

Q:カード名宣言するのは発動時ですか?それとも効果解決時ですか?
A:発動時です。

Q:自分また相手手札がない時に発動する事ができますか?
A:いいえ、お互いが手札を1枚以上持っていない場合は発動できません。(15/02/05)

Q:チェーンの結果効果解決時自分手札がない場合、相手手札捨てる処理を適用する事ができますか?
A:はい、できます。
  この場合、相手手札宣言したカードがある場合はそれを捨てさせ、ない場合は特に何も行いません。(10/06/11)

Q:このカード効果解決時相手手札が0枚になったことにより宣言したカード相手手札に存在しない場合でも、自分手札ランダム捨てる処理を行いますか?
A:はい、その場合でも行います。(12/07/18)

Q:ターンプレイヤー《増援》《混沌の黒魔術師》等でカード手札加えた後、そのカード発動召喚する前に《マインドクラッシュ》で捨てさせる事ができますか?
A:はい、可能です。一連のチェーン処理終了直後にはターンプレイヤー優先権があります。
  しかし、クイックエフェクト以外の発動召喚などを行うためには一度優先権を放棄する必要があるので、そこで《マインドクラッシュ》を発動できます。
  ただし、速攻魔法などクイックエフェクトに関しては、チェーン処理終了のタイミングで優先権発動できるのでその限りではありません。

Q:自分《サイクロン》効果発動して相手カードの発動確認をし、相手は何もカード発動しませんでした。
  その後自分《サイクロン》の処理後のタイミングで相手カードの発動確認を聞かずに手札から《サイバー・ドラゴン》特殊召喚しました。
  《サイクロン》発動のタイミングではチェーン確認はしたものの、カードの処理後の発動確認をしていないので相手はこれについて異議を唱えて《サイクロン》の処理後のタイミングまで巻き戻し、《マインドクラッシュ》を発動して《サイバー・ドラゴン》宣言することはできますか?
A:その場合、処理後のタイミングまで巻き戻して《マインドクラッシュ》を発動する事ができます。
  なお、公式大会では当日の審判にご相談ください。(08/11/30)

Q:禁止カードを指名して発動する事はできますか?
A:はい、可能です。(11/07/27)
  ただし、禁止カード手札には存在しない事が明白なため、相手プレイヤー手札確認できません。(12/03/21)

Q:《海》を指名して発動した場合に《伝説の都 アトランティス》捨てさせる事はできますか?
A:《伝説の都 アトランティス》《海》として扱われるのは効果外テキストであるため可能です。

Q:日本未発売カード宣言できますか?
A:日本未発売カードは、公認大会で宣言できません。
  なお、公認大会等とは別に、自由に対戦を楽しまれる際には、お互いのプレイヤー同士で使用する事を決めたのであれば、《マインドクラッシュ》の発動時に宣言して良いかどうかもお互いのプレイヤーでお決め頂き、対戦をお楽しみ下さい。(10/07/07)

Q:融合モンスター及びシンクロモンスター宣言できますか?
A:できません。(10/07/07)

Q:相手墓地除外された場所に同名カードが3枚存在する場合、そのカード宣言する事ができますか?
A:宣言できます。(13/03/24)

Q:相手墓地除外された場所に制限カードであるカードが存在する場合、そのカード宣言する事ができますか?
A:宣言できます。(13/03/24)

Q:《強欲で謙虚な壺》《青眼の白龍》が3枚めくれ、1枚手札加わりました。その処理後《青眼の白龍》宣言した場合、手札確認をする事ができますか?
A:デッキの中は公開情報ではないため手札確認をすることができます。(12/09/17)


Tag: 《マインドクラッシュ》 通常罠

広告