《マジック・ドレイン/Magic Drain》

カウンター罠
相手が魔法カードを発動した時に発動する事ができる。
相手は手札から魔法カード1枚を捨ててこのカードの効果を無効にする事ができる。
捨てなかった場合、相手の魔法カードの発動を無効にし破壊する。

 Thousand Eyes Bible −千眼の魔術書−で登場したカウンター罠
 魔法カード発動無効にするか、手札から魔法カード捨てさせるか相手に選択させる効果を持つ。

 コストなしで魔法カード無効にできるが、相手魔法カード捨てる事で、その魔法をそのまま発動できる。
 この場合でもハンデスには成功しているので損はしていないが、妨害という面ではし切れない部分もあるので、そのまま展開されてしまう可能性もある。

 相手手札が少ないほど魔法カード無効化する確率が高くなる。
 そのため性質上、手札破壊戦術との相性が良い。
 相手手札が0枚ならば、ノーコスト《マジック・ジャマー》となる。
 《左腕の代償》等には天敵のカードであり、【インフェルニティ】相手なら強力なカウンターとなる。
 手札ではモンスターでしかないペンデュラムモンスターに対する返しとしても有効で、魔法カードがなければペンデュラム召喚の用意も妨害できる。
 また、【チェーンバーン】に対しては無効にできない場合でもスペルスピードの都合上、チェーンを止められるので有効な返しとなる。
 ただし、《ジェムナイト・フュージョン》のような再利用しやすい魔法カード捨てられると損になる可能性はある。

 同じく魔法カード発動無効にする《マジック・ジャマー》《魔宮の賄賂》と比較すると、ディスアドバンテージがない代わりに、確実性が欠けるという一長一短な関係にある。
 魔法カードを確実に無効にできないという都合上、メタ環境、または自分デッキの相性を考えて採用するべきカードといえる。

  • コナミのゲーム作品において―
    真DM2では、相手召喚パワーを全て吸収するという効果魔法カードだった。
    召喚パワーとは初期値が4・最大値が12で、場に出したいモンスターレベルと同じ数値分のパワーを支払うことで、そのモンスターを場に出すことができるというシステムになっている。
    このパワーは毎ターン3ずつ補充されるが、このカードを使えば自分の攻め手が早まるだけでなく、相手の攻め手も一気に遅らせることができる。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:魔法カード捨てるタイミングはいつですか?
A:このカード効果解決時無効化するかどうか選択し、捨てる魔法カードを選びます。(08/11/04)

Q:このカード無効化する際に《トイ・マジシャン》捨てる事はできますか?
A:いいえ、捨てる事はできません。(08/11/04)

Q:このカードの発動《盗賊の七つ道具》によって無効にされた場合は相手魔法カード捨てる事はできますか?
A:無効化されているので処理自体が行われず、捨てる事はできません。(08/11/04)


Tag: 《マジック・ドレイン》 カウンター罠

広告