《マドルチェ・プディンセス/Madolche Puddingcess》

効果モンスター
星5/地属性/天使族/攻1000/守1000
このカードが相手によって破壊され墓地へ送られた時、
このカードをデッキに戻す。
自分の墓地にモンスターが存在しない場合、
このカードの攻撃力・守備力は800ポイントアップする。
このカードが相手モンスターと戦闘を行った時、
相手フィールド上のカード1枚を選択して破壊できる。

 RETURN OF THE DUELISTで登場した地属性天使族上級モンスター
 マドルチェ共通の誘発効果に加え、墓地モンスターがいない時に自己強化する永続効果戦闘トリガー除去を行う誘発効果を持つ。

 上級モンスターではあるがステータスが低いため、《巨大ネズミ》《カオスエンドマスター》によるリクルートが可能。
 しかし、前者は《巨大ネズミ》墓地に存在することで自己強化ができなくなってしまい、後者も他のマドルチェとのシナジーが薄いため、あまり良い方法とは言えない。
 また、《リミット・リバース》にも対応するが、マドルチェモンスター墓地へ送りづらいカテゴリのため蘇生とも相性が悪い。
 そのため、このカード特殊召喚する場合は《マドルチェ・ミィルフィーヤ》《マドルチェ・ハッピーフェスタ》等によって手札から特殊召喚するのがいいだろう。
 もしくは《マドルチェ・ホーットケーキ》リクルートしてもいい。
 《マドルチェ・ホーットケーキ》なら墓地除外もできるので自己強化発動条件も満たしやすい。
 《マドルチェ・エンジェリー》リクルートした場合は戦闘破壊耐性が付き、破壊効果を活かしやすくなる。

 この他、ペンデュラムモンスター中心のデッキで使う手もある。
 ペンデュラム召喚ならこのカードを容易に出せ、ペンデュラムモンスターならリリースしても墓地へ行かず、墓地モンスターがない状態にできる。
 《魔導人形の夜》《マドルチェ・ティーブレイク》発動条件も満たせるため、相性は良い。
 《解放のアリアドネ》はこの2枚をサーチできるため併用したい。

 マドルチェの共通効果以外に持つ2つの効果は、ステータスの低い上級モンスターであることを考えると物足りない効果である。
 自己強化発動条件こそマドルチェであれば難しいものではないが、それでも下級アタッカー程度の攻撃力しか得られないため十分とは言い難い。
 そもそもアドバンス召喚フィールドに出す場合、トークン等を利用しない限り墓地モンスターが残ってしまう。
 また自己強化を無理に狙おうとすると、エクシーズモンスター等のマドルチェ以外のモンスターが使用しづらくなり、デッキの構築幅が狭まってしまう。
 《マドルチェ・マナー》《転生の予言》等でコンバットトリックに使えないこともないが、戻せるモンスターに限りがあるためデュエル終盤では使いにくくなる。
 《クイーンマドルチェ・ティアラミス》を使うことで墓地マドルチェを減らすことはある程度容易となるが、そもそも《クイーンマドルチェ・ティアラミス》エクシーズ召喚できているのであれば、このカード特殊召喚する意義は薄いだろう。

 除去効果発動条件が「戦闘を行った時」であるため、召喚反応型・攻撃反応型・フリーチェーンのいずれの罠カード発動も許してしまい、何もできないままこのカード除去されてしまう。
 それらを回避できたとしても、このカードステータスでは戦闘破壊できるモンスターは少なく、自爆特攻をしてしまっては1:1交換にしかならない。
 戦闘を行ったモンスター破壊できる《渾身の一撃》戦闘破壊も可能になる《月鏡の盾》単体強化2回攻撃を可能にする《奇跡の軌跡》戦闘破壊耐性を付与する《ミスト・ボディ》等を併用すればアドバンテージを確保することはできる。
 しかし、低いステータスを補助するためにカードを消費すると、今度は除去された際のディスアドバンテージが大きくなってしまう。
 そのため、《マドルチェ・シャトー》等の他のマドルチェとも共有できるカードを用い、アドバンテージを稼ぐことを意識したプレイングを心がけたい。
 《妖精伝姫−シラユキ》は2つの効果両方と相性が良く、墓地モンスター除外して自己強化の条件を満たし、相手裏側守備表示にすることで自爆特攻時の戦闘破壊を防げる。

 《魔導人形の夜》《マドルチェ・ティーブレイク》の追加効果発動条件でもある。
 これらは墓地モンスターが存在しないことが発動条件なので、使用する場合は墓地除外する《マドルチェ・ホーットケーキ》からこのカードリクルートして使いたい。
 もしくは除外する《次元の裂け目》等を使って妨害に特化したデッキにするのも手か。

  • 名前はプリンセスとプディングを掛け合わせたものだろう。
    「プディング(Pudding)」は日本語のプリンの語源となった言葉であり、概ね何かを蒸し焼きにした料理をさす。
    日本で言うプリンはプディングの一種であるカスタード・プディングの事であるが、本来のプディングは味も調理法も極めて幅が広く、また菓子以外にもプディングと呼ばれる食品は多い。
    一般的には蒸し焼きにした食品をプディングと呼ぶが、ゼラチンなどで凝固させた蒸さないプディングも増え、その定義はますます難しくなっている。
  • コナミのゲーム作品において―
    Duel Arenaではガチャのパートナーとして登場。
    紹介文には「お菓子の国の優しいプリンセス。――いや『プディンセス』。マナーのお稽古はあまり好きではない。」といった趣旨の文章が書かれている。
    自身を軸にしたコントロール色の強い【マドルチェ】を使用する。

関連カード

―《マドルチェ・プディンセス》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:このカード戦闘破壊された場合、破壊する効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(12/04/14)

Q:このカードの効果の発動タイミングはいつですか?
A:ダメージ計算が終了した後の、リバース効果モンスター効果発動するのと同じタイミングになります。(12/04/18)

Q:このカード裏側守備表示《ライトロード・ハンター ライコウ》等を攻撃して《ライトロード・ハンター ライコウ》等のリバース効果発動した場合、それにチェーンをしてこのカード破壊効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(12/04/23)

Q:このカード攻撃戦闘破壊が確定したモンスターを、このカードの効果破壊できますか。
A:いいえ、できません。(15/01/05)

Q:相手フィールド《門前払い》表側表示で存在しています。
  この状況で、自分の《マドルチェ・プディンセス》が相手モンスター攻撃を行い、相手戦闘ダメージを与えました。
  それぞれの効果はどのように処理しますか?
A:どちらもダメージ計算後発動する効果のため、チェーンを組みます。
  この場合、強制効果である《門前払い》が必ずチェーン1に置かれ、任意効果の《マドルチェ・プディンセス》がチェーン2となります。(14/12/27)

Q:相手フィールド上に六武衆が3体存在します。
  このカード攻撃六武衆Aを戦闘破壊したところ、相手は身代わりとして六武衆Bを選択しました。
  ダメージ計算後このカードの効果で、先ほど身代わりとして選択された六武衆Bを破壊した場合、相手六武衆Aの戦闘破壊の身代わりとして六武衆Cを選び直す事ができますか?
A:このカード破壊効果対象として、六武衆Bを選択できるか調整中。(12/08/15)

Q:相手フィールド上に六武衆が3体存在します。
  このカード攻撃六武衆Aを戦闘破壊したところ、相手は身代わりとして六武衆Bを選択しました。
  ダメージ計算破壊効果対象として六武衆Aを選択できますか?
  また、選択できる場合、六武衆Aは効果破壊の身代わりとして六武衆Cを破壊できますか?
A:《マドルチェ・プディンセス》の効果の対象として、六武衆Aを選択する事ができます。
  また、この効果破壊される時に六武衆Aの身代わりに六武衆Cを破壊できます。(12/08/10)


Tag: 《マドルチェ・プディンセス》 効果モンスター モンスター 星5 地属性 天使族 攻1000 守1000 マドルチェ

広告