《ミュータント・ハイブレイン/Mutant Mindmaster》

効果モンスター
星6/闇属性/魔法使い族/攻   0/守2500
(1):相手フィールドにモンスターが2体以上存在する場合、
このカードの攻撃宣言時に、相手フィールドの表側攻撃表示モンスター1体を対象として発動できる。
その相手の表側攻撃表示モンスター1体のコントロールをバトルフェイズ終了時まで得る。
対象のモンスターはこのターン直接攻撃できず、
攻撃可能な場合、相手モンスター1体を攻撃対象として選び、ダメージ計算を行う。

 Vジャンプ(2005年5月号開始) 半年間定期購読特典で登場した闇属性魔法使い族上級モンスター
 相手モンスターを奪い、代理攻撃を行わせる効果を持つ。

 自身は攻撃力を持たない代わりに相手モンスター攻撃をさせるという効果は、《FNo.0 未来皇ホープ》とよく似ている。
 ただ、《FNo.0 未来皇ホープ》と異なり直接攻撃ができない上、相手ターン攻撃力0を晒し全くの無防備であるため、使い勝手は悪い。

 特殊召喚の方法としては《キラー・トマト》《リミット・リバース》《マジシャンズ・サークル》《魔導召喚士 テンペル》等に対応している。
 コントロール奪取したモンスターはこのカードの守りにも使える《強制終了》や、このカード特殊召喚にも使える《ディメンション・マジック》等でバトルフェイズ中に処理してしまうのが望ましい。
 相手ターンに無防備な点は《悪夢の迷宮》《反転世界》などを使うか、1度効果を使えば十分とみなしてシンクロ素材等にしてしまうのがよいだろう。

  • 「ミュータント(mutant)」とは、英語で「突然変異体」や「変種」を意味する。
  • アニメARC-V第3話では、LDSの小テストにこのカード守備力を答える問題が確認できる。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:効果を使用した《ミュータント・ハイブレイン》を《宝玉獣 エメラルド・タートル》効果守備表示にすることは出来ますか?
A:効果を使用した場合「攻撃を行った」ことになるので守備表示にできます。
  このカード守備表示になる、《グラヴィティ・バインド−超重力の網−》等で攻撃ができなくなっても、「攻撃無効」にならない限り「攻撃を行った」ことになります。(17/07/23)

Q:(1)の効果相手モンスター1体を攻撃対象として選び、ダメージ計算を行う際に《クリボー》《オネスト》効果発動できますか?
A:いいえ、攻撃対象を選んでからダメージ計算を完了するまでが効果処理中として扱われますので、それに割り込んで発動できません。(15/01/12)

Q:このカード効果攻撃をする事ができないフォトントークンを選択して発動する事ができますか?
A:いいえ、できません。(15/03/12)

Q:このカード効果ダメージ計算を行う場合、攻撃対象として地縛神攻撃対象にならない)や《伝説のフィッシャーマン》攻撃対象にされない)を選択できますか?
A:できません。(17/07/16)

Q:このカード効果発動した場合、このカード自身の攻撃はどうなりますか?
A:効果を使用した場合、このカードの攻撃は終了します。
  「コントロールを得たがダメージ計算を行わなかった」場合も同様です。
  ただし、発動効果無効になった場合は攻撃は続行されます。
  「効果発動したがコントロールを得ることができなかった」場合、攻撃がどうなるかについては調整中。(17/07/23)


Tag: 《ミュータント・ハイブレイン》 効果モンスター モンスター 星6 闇属性 魔法使い族 攻0 守2500

広告