《ミラクル・フリッパー/Miracle Flipper》

効果モンスター
星2/光属性/魔法使い族/攻 300/守 500
「ミラクル・フリッパー」が自分フィールド上に表側表示で存在する場合、
このカードは召喚・反転召喚・特殊召喚できない。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
相手は他の表側表示のモンスターを攻撃対象に選択できない。
このカードが戦闘によって破壊された場合、このカードを相手フィールド上に特殊召喚する。
このカードが魔法・罠の効果によって破壊された場合、
相手フィールド上のモンスター1体を破壊する。

 LIGHT OF DESTRUCTIONで登場した光属性魔法使い族下級モンスター
 以下の4つの効果を持つ。

  1. 同名カードが存在するとき、自身の召喚が不可能となる効果外テキスト
  2. 相手モンスター攻撃対象を制限する永続効果
  3. 戦闘破壊された時に相手フィールド上に特殊召喚される誘発効果
  4. 魔法・罠カードによって破壊された時に相手モンスター破壊する誘発効果

 味方モンスターを守れるが、同名カードを展開できないためロックをかけるのはいまひとつ難しい。
 《明鏡止水の心》を装備することもできるが、破壊されたときに発動する効果とかみ合っていないのが悩み。
 《デコイロイド》《闇の侯爵ベリアル》と並べれば問題はないが、どの道困難であることには違いない。
 魔法使い族にも《マジシャンズ・ヴァルキリア》がおり、ロック目的ならば同名カードに関する制限がないそちらを使ったほうが楽である。
 ただし、同時に複数特殊召喚するという抜け道はあるので、《ブロークン・ブロッカー》を使うとロックをかける事ができる。
 また、このモンスターを1体セットした状態でもう1体を召喚し、セットした方をカードの効果リバースさせる事でもロックが可能。

 《リミット・リバース》に対応していることも忘れてはならない。
 自分魔法・罠カード破壊されても良いため、これらを能動的に使用することが可能である。
 相手攻撃宣言時に蘇生してモンスター戦闘破壊から守ったり、《オネスト》で返り討ちにしたりすることもできる。
 伏せ除去チェーンしてこのカード蘇生すれば、程よい地雷と化すだろう。
 守備表示にして能動的に破壊効果発動するのもよし、相手《ライトニング・ボルテックス》に巻き込むのもよし、《霞の谷のファルコン》等でバウンスし再利用するとなおおいしい。

  1. 《ミラクル・フリッパー》を自爆特攻などで相手送りつける。
  2. 《阿修羅》で《ミラクル・フリッパー》に攻撃を仕掛ける。
  3. 戦闘破壊された《ミラクル・フリッパー》を相手フィールド上に攻撃表示特殊召喚する。
  4. 2に戻る。

という無限ループが発売直後に発覚したが、「特殊召喚バトルフェイズ終了時に行う(08/02/25)」という特殊裁定が設けられ事なきを得た。
似たような無限ループ疑惑は《異次元の偵察機》などでも発生しており、同様に追加ルールが設けられている。
なお、英語版にはきちんと「バトルフェイズ終了時」というテキストが追加されており、上記のループは最初から不可能となっている。
また、ターンをまたぐ無限ループなら可能で、これを利用したデッキもある。(→【フェンリルハンデス】【チャルアイーター】等)

  • コナミのゲーム作品において―
    遊戯王ONLINE DUEL EVOLUTIONでも実装されたが、OCGに準拠しているためかテキストに「バトルフェイズ終了時に」の一文は入っていない。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:相手フィールド上で戦闘破壊されたときにも特殊召喚されますか?
A:はい、この場合元々の持ち主である自分効果として発動して、再び相手フィールド上に特殊召喚します。(08/02/23)
  ただし、特殊召喚されるのはバトルフェイズ終了時です。(08/02/25)

Q:相手フィールド上にて効果破壊されたとき、どちら側のモンスター破壊しますか?
A:元々の持ち主である自分効果として発動して、元々の持ち主から見た相手側のモンスター破壊します。(08/02/23)

Q:相手フィールド上に特殊召喚される時の表示形式はどちらのプレイヤーが決めますか?
A:このモンスターの元々の持ち主が決めます。(08/02/23)

Q:「同時に複数体特殊召喚する」「セットしたものが何らかの効果リバースする」などで2体以上がフィールドに存在する場合、どうなりますか?
A:その場合、どの表側表示モンスターにも攻撃できなくなります。(08/03/19)

広告