《メタバース/Metaverse》

通常罠(制限カード)
(1):デッキからフィールド魔法カード1枚を選び、手札に加えるか自分フィールドに発動する。

 CIRCUIT BREAKで登場した通常罠
 デッキフィールド魔法サーチするか自分フィールド発動する効果を持つ。

 フィールド魔法の汎用サーチカードの1枚であり、現在は《テラ・フォーミング》《盆回し》と同じ制限カードに指定されている。
 デッキの用途や環境に応じて3種の中から優先順位を決めると良いが、フィールド魔法への依存度が高いデッキでは3種全て搭載しても良いだろう。

 《テラ・フォーミング》《盆回し》に比べると、こちらは罠カードなので発動まで1ターン遅れる点で劣る。
 基本的にフィールド魔法自分ターン効果を使いたいものが多いため、単純な汎用性では分が悪いと言える。
 ただし、《盆回し》に対しては複数種類のフィールド魔法を投入する必要が無い点で勝る。

 このカードの最大の利点はフリーチェーン罠カードなので、任意のタイミングでフィールド魔法発動できる点である。
 例えば自分フィールドモンスターがいない状況で相手モンスターを出した瞬間に《魔鍾洞》発動すれば強力なロックをかけられる。
 《王家の眠る谷−ネクロバレー》《サモンブレーカー》等は、相手の行動にチェーンして妨害できるようになり、メタとしての効力をより高められる。
 【魔界劇団】では相手モンスター効果チェーンして《魔界劇場「ファンタスティックシアター」》発動すれば、魔法・罠除去に変換して魔界台本破壊できる。
 【PSYフレーム】では、自分のPSYフレームギア効果チェーンして、《PSYフレーム・サーキット》発動すれば、そのまま特殊召喚したPSYフレームモンスターシンクロ召喚できる。
 攻撃宣言時に《ガイアパワー》などのステータスを変動させるフィールド魔法発動すれば、コンバットトリックとして運用する事も可能である。
 これらは先にサーチして相手フィールド魔法の存在をばらしてしまう上記のカードではできないプレイングである。

 《終焉の地》と同様に、《オレイカルコスの結界》等が持つ発動時のデメリットを回避する事ができる。
 《ユニオン格納庫》等の発動時のサーチ効果使用できない欠点も同様である。
 《テラ・フォーミング》の天敵である《ライオウ》等の妨害を受けないため、サイドデッキに用意しておくのも手だろう。
 なお、サーチ効果に含むカードであるため、手札加える気がなくても《灰流うらら》には無効化されてしまう。

  • 「メタバース (Metaverse)」 とは、インターネット上に作成された仮想空間のこと。

関連カード

デッキ内のフィールド魔法手札に加えるカードについては《テラ・フォーミング》を参照

デッキ内のフィールド魔法を直接発動するカードについては《終焉の地》を参照

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《メタバース》 通常罠

広告