《メタル()魔法反射装甲(まほうはんしゃそうこう)/Metalmorph》

通常罠
(1):フィールドの表側表示モンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。
このカードを攻撃力・守備力300アップの装備カード扱いとして、
そのモンスターに装備する。
(2):このカードの効果でこのカードを装備したモンスターの攻撃力は、
モンスターに攻撃するダメージ計算時のみ、
その攻撃対象モンスターの攻撃力の半分の数値分アップする。

 遊戯王真デュエルモンスターズ 封印されし記憶 付属カードで登場した通常罠
 発動後に装備カードとなり、少量の攻撃力アップと、戦闘を行う相手モンスター攻撃力の半分を得る効果を持つ。
 《メタル・デビルゾア》《レッドアイズ・ブラックメタルドラゴン》特殊召喚に必要となるカードでもある。

 後半の効果相手モンスター攻撃力を半減すると同義であり、弱小モンスター攻撃最上級モンスターを倒す事も可能となる。
 ただし、その効果攻撃時しか適用しないため、相手ターンでは影響力が小さいことに注意したい。

 攻撃力の低いモンスターで敵を攻撃するデッキならその効果を有効利用できる。
 《ニードルバンカー》《KA−2 デス・シザース》《王女の試練》等を使う場合がそれに該当する。
 とはいえ、より広い範囲に対応し即効性も備える《フォース》《魔界の足枷》を優先させたほうがいい場面も多い。
 ダメージステップ発動させる事で除去などに対する消費を抑える事も可能だが、カウンターでも有効な《プライドの咆哮》も存在する。
 こちらは使い切りでない点が最大のメリットだが、上記のモンスターでは維持も難しく、繰り返し攻撃する事よりもその瞬間の爆発力が重要になってくる。
 しかし戦闘破壊だけを目的とするならば、即効性があり倍以上の攻撃力でも戦闘破壊できるようになる装備魔法《月鏡の盾》が登場した。

 このカードを利用するならば、相手ターンにおける300ポイントの強化が活かせるモンスターと併用すべきであろう。
 《氷結界の修験者》辺りに装備させると、広範囲のモンスターに対してになりつつ戦闘破壊が可能になる。
 上記の条件からは外れるが、攻撃対象にされない効果を持ち、貫通による戦闘ダメージの増大が狙える《マジオシャレオン》とも相性がよい。

 《真紅眼の黒竜》《デビルゾア》に装備し、リリースすることで上位種特殊召喚できる。
 最上級モンスターリリースするという召喚条件は厳しいが、いずれも闇属性通常モンスターであるため、サポートカードは豊富。
 《終末の騎士》《ダーク・グレファー》などで墓地へ送り《思い出のブランコ》《ダイガスタ・エメラル》などで蘇生することで、容易にフィールドに出すことは可能。
 しかし、上位種攻撃力守備力が400上がっただけの実質バニラであり、特殊召喚する手間の割にさほど強くない。
 通常モンスターサポートカードが使えなくなる他、《バスター・モード》と同様に上位種デッキからしか特殊召喚できないという欠点もあり、扱いにくさが目立つ。

  • アニメオリジナルの「闇遊戯vsステップジョニー」戦において、ステップジョニーがOCG版のこのカード《音楽家の帝王》に装備させた。
    これにより《音楽家の帝王》は《ヘヴィメタル・キング》となり、身体が「金属化」するのではなくルックスや曲調が(音楽的な意味での)「メタル化」した。
    ステップジョニーはテキストの「攻撃を行うとき」の意味を「戦闘を行うとき」と勘違いし、「攻撃を受けたとき」も効果発動すると思っていた。
    • OCGでも当時は複雑な効果を持ったカードが少なかったため、同じように誤解していたプレイヤーが多く、それゆえか遊戯が直々にこのカードのルールを解説しているシーンがある。
  • 「ドーマ編」の「城之内vs竜崎」では城之内が使用し、《真紅眼の黒竜》に装備させている。
  • DUEL TERMINALでは最初のステージのキース、EXステージの吹雪が使用。
    吹雪はアニメで使用していないが、専用ボイスが用意されており、吹雪がアニメで使用した罠カード《魔法反射装甲・メタルプラス》に関連して採用されたと考えられる。
    また、このカード《リボルバー・ドラゴン》《7カード》をスキャンすると隠しデッキ竜機襲(ドラゴニック・アサルト)」が使用できる。

関連カード

装備カードになる罠カード《鎖付きブーメラン》参照

収録パック等

FAQ

Q:《メタル化・魔法反射装甲》の装備モンスター攻撃時の攻撃力上昇はいつで、この攻撃力上昇はチェーンブロックを作りますか?
作る場合スペルスピードはいくつですか?
A:《メタル化・魔法反射装甲》を装備したモンスター攻撃力守備力をアップする効果は、装備された時点で適用されます。(10/01/07)
また、ダメージ計算時に攻撃対象モンスター攻撃力の半分の数値分アップする効果チェーンブロックを作りません。(10/09/02)

Q:このカードを装備した《青眼の白龍》相手《青眼の白龍》攻撃したダメージ計算時に、相手が《オネスト》発動しました。
この時の攻撃力計算はどのようになりますか?
A:《オネスト》効果によって攻撃力6300となった《青眼の白龍》の半分アップし、攻撃力6450となります。(11/12/08)

Q:このカードを装備したモンスターが「効果を受けない効果を持っている場合、どのように処理しますか。
A:このカードの「攻撃力がアップする効果」は適用されません。(11/12/11)

Q:このカードを装備したモンスター《禁じられた聖槍》効果を受けた場合、どのように処理しますか。
A:《禁じられた聖槍》の発動したターンのみ、このカードの効果適用されません。(12/03/18)

Q:ダメージステップ発動できますか?
A:ダメージ計算を行う前であれば発動する事ができます。(11/12/21)

Q:同じモンスターに複数枚装備した時、その効果は重複しますか?
A:同一のモンスターに、複数枚の《メタル化・魔法反射装甲》を装備した場合、その枚数分効果適用されます。(11/12/21)

Q:装備モンスター《邪神アバター》戦闘を行う場合、両者の攻撃力はいくつになりますか?
A:装備モンスター攻撃力は処理を行う時点での《邪神アバター》攻撃力の半分の数値分攻撃力がアップします。
  その後《邪神アバター》攻撃力フィールド上で一番攻撃力の高いモンスターの数値から100ポイントアップした数値となります。(11/12/21)

Q:装備モンスター《邪神ドレッド・ルート》戦闘を行う場合、装備モンスター攻撃力はいくつになりますか?
A:《邪神ドレッド・ルート》効果は全てのステータス計算を行った後に適用されるため、(元々の攻撃力+300+《邪神ドレッド・ルート》攻撃力の半分)÷2となります。
  例えば《真紅眼の黒竜》が装備している場合、(2400+300+2000)÷2=2350となります。(14/09/04)

Q:装備モンスター《地球巨人 ガイア・プレート》戦闘を行う場合、装備モンスター攻撃力はいくつになりますか?
A:《邪神ドレッド・ルート》と同じく、(元々の攻撃力+300+《地球巨人 ガイア・プレート》攻撃力の半分)÷2となります。
  例えば《真紅眼の黒竜》が装備している場合、(2400+300+1400)÷2=2050となります。(14/09/04)

Q:装備モンスター《サイバー・シャドー・ガードナー》戦闘を行う場合、装備モンスター攻撃力はいくつになりますか?
A:まず攻撃宣言時に《サイバー・シャドー・ガードナー》装備モンスター+300の攻撃力をコピーします。
  その後ダメージ計算時《サイバー・シャドー・ガードナー》攻撃力の半分が加算されるため、元々の攻撃力+300+(元々の攻撃力+300)÷2となります。
  例えば《真紅眼の黒竜》が装備している場合、2400+300+(2400+300)÷2=4050となります。(14/09/04)


Tag: 《メタル化・魔法反射装甲》 通常罠

広告